EIGRPがIETFに仕様公開

medium_3167226395

少し前になりますが、Cisco独自のルーティングプロトコル「EIGRP」がオープン化するようで、IETFに仕様を公開しています。

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol
draft-savage-eigrp-00.txt

via:Enhanced Interior Gateway Routing Protocol

実際にEIGRPのシェアってどんなもんなんでしょうかね。 まだまだ現役で使っているユーザーもいるんでしょうが、シェアは徐々に下がってきているんじゃないかなぁと思ったり。

もはやEIGRPでは、ベンダーロックインも難しいし、そろそろ潮時だしオープン化しちまえ的なノリなんじゃないかと想像。

Ciscoのサイトに本件に関するQ&Aも公開されています。

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol (EIGRP) Informational RFC Frequently Asked Questions

via:Enhanced Interior Gateway Routing Protocol (EIGRP) Informational RFC Frequently Asked Questions  [IP Routing] – Cisco Systems

最も関心があるのは、オープン化しても他ベンダーって実装しないんじゃね?という点。 上記Q&Aにも同様の質問がありますが、「主要ベンダーは絶対に実装してくるはずだよ」的な回答をしていますが、果たしてどうなんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.