Juniperがプログラマブル・コア・スイッチ for SDN製品を発表予定

Juniperが、EX9200と呼ばれる、プログラマブル・コア・スイッチ for SDN製品を発表するようです。

Juniper to unveil programmable core switch for software-defined networking – Network World

Sources say it is called the EX9200 and is based on the MX router. It comes in three configurations: 4-slot, 8-slot and 14-slot chassis, the same form factors as the company’s successful MX 240, 480 and 960 routers for enterprises and service providers. …

記事に書かれていたスペックは以下の通り

・処理能力は240G/slot
・ラインカードは、40x1G、32x10G, 4x40G and 2x100G をサポート
・100万MACアドレス
・256k経路
・32000 VLAN
・256k ACL
・レイヤ2/3スイッチング、MPLS、VPLS、L3VPN、ポイントツーマルチポイント
・MPLS FRRを使用して、50ミリ秒のコンバージェンスをサポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください