本日のネットワーク関連ニュース

ビッグデータビジネスを立ち上げるには?――農業ICTクラウドで協業するNEC、ネポン、全農の場合 | ビジネスネットワーク.jp

自然環境や機器のモニタリング等に活用されているM2M(Machine to Machine)通信は、ビッグデータビジネスの要素技術の1つだ。これを用いて農業ICTクラウドサービスを開始したのが、NECと農業機器メーカーのネポン。

Fujitsu, Orange partner on senior-friendly Stylistic S01 smartphone

Fujitsu just announced a smartphone partnership with Orange Telecom, with its first handset to launch on the French carrier this June.

Disneyが失敗したネットワークの高速化、その原因とは? - TechTargetジャパン ネットワーク

40GbE規格に対応したハードウェアが登場しているものの、企業導入は進んでいない。この規格が広く普及するには、何が必要なのか。ネットワーク高速化に取り組んだDisneyの元技術担当役員はこう分析する。 …

独占: Daylight にスポットライトをあてる — SDN コントローラ

新しいコンソーシアム、コードネーム Daylight が現実に設立されたことを私達は知った。Cisco と IBM によってリードされ、HP、Citrix、と NEC から重要なコントリビューションが予定されている。オープンソース財団の構成をとっており、Apache と OpenStack 財団をモデルにしている。

ルーティングチュートリアル – AS間経路制御

ルーティングチュートリアルのプレゼン資料

クロサカタツヤ 業界の先を読むICT千里眼 – サービスや端末に合わせ網を最適化する時代に、バラバラに管理…:ITpro

スマートフォン上で欠かせないサービスになれば、むしろその利用を前提として、効率的なインフラの運用さえ求められるのが市場競争というものである。 …

ソフトウェアをハードウェアから明確に分離:ジュニパーのSDN戦略、象徴は新ライセンス体系 – @IT

ジュニパーネットワークスは2月15日、同社が1月15日に米国で発表したSoftware Defined Networking(SDN)戦略、および同社ネットワーク製品の「SDNに向けた」新ソフトウェアライセンス体系について、国内で説明した。 …

朝日新聞デジタル:LTEの5倍超、高速携帯 ドコモ、15年に前倒し導入 – 経済・マネー

NTTドコモは、家庭で使う光ファイバー回線をしのぐ超高速の携帯電話サービスを、2015年に始めることを決めた。

無線通信技術:Ericsson、MWC 2013でLTE-Advancedのデモを予定 – EE Times Japan

Ericssonは、「MWC 2013」において、LTE-Advancedを前面に押し出したデモを披露する。また同社は、OpenFlowを含めて、クラウド/仮想化やSDNをサポートする計画についても発表する予定だ。

Posted from するぷろ for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください