米国では携帯所有者の半数がスマートフォンを持つ時代。国内は?

smartphone.jpg.to/r

ニールセンの調査によると、米国では、2012年2月現在で携帯所有者の49.7%がスマートフォンユーザーになったようです。

Half of US cellular subscribers own smartphones: Nielsen – Technolog on msnbc.com

258481-smartphone-penetration.streams_desktop_medium.gif (521×345)

このままいくと、2012年3月にはスマートフォンユーザーが過半数を超えてくるだろうとのこと。

ちなみにスマートフォンのOS別の割合は以下のようです。

258549-smartphone-os-share.streams_desktop_small.gif (320×377)

Androidが48%でApple iOSが32%、BlackBerryが12%。

直近3ヶ月以内に購入した割合を見ると、Androidが48%でApple iOSが43%と完全に2強の戦いになってきています。

国内の状況は?

少し古いですが、MM総研が2011年7月に2015年度までの携帯電話およびスマートフォン市場規模の予測を発表しています。

スマートフォン市場規模の推移・予測(11年7月) – 株式会社 MM総研

1310025295-2.jpg (960×720)

2012年3月末で、スマートフォンユーザーは全体の20%弱と、米国に比べると割合的には少ないです。

OS別の割合は以下の通り。

スマートフォン市場規模の推移・予測(11年7月) - 株式会社 MM総研

ただし、最新の国内携帯市場に関するレポートによると、以下のような割合になっています。

2011年第4四半期および2011年国内携帯電話市場規模を発表

2011年第4四半期および2011年国内携帯電話市場規模を発表

Appleの強さは変わりませんが、予想以上に国内勢もがんばっているなぁという印象です。

上記記事には、2011年四半期のスマートフォン出荷台数比率は、全体の64.7%にまで上昇しているとのことです。

市場の嗜好もあるのでしょうが、キャリアのデータ通信ARPUの向上を狙ったスマフォ拡大戦略の効果もあるのでしょう。

ただ、スマフォ需要の急拡大にキャリアのネットワークの設備投資が間に合わずに、ネットワーク障害が多発している状況は何とかして欲しいすなぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.