ルータがスタックした場合に自動で再起動させる方法

バグとかバグとかバグとかの原因で、インタフェースがスタックしてしまった場合に、Ciscoルータを自動でリロードさせる方法を書いておく。

使用する機能は、IP SLAとEEM (Embedded Event Manager)

リロードさせる条件は、定期的にPingを実行させて、5分間隔でのPingの応答が無かった場合に、該当インタフェースのshut/no shutを実行。
12分間隔でのPingの応答が無かった場合にルータを再起動させる。

ip sla 1
icmp-echo x.x.x.x
timeout 1000
frequency 720
!
ip sla 2
icmp-echo x.x.x.x
timeout 1000
frequency 300
!
ip sla schedule 1 life forever start-time after 00:10:00
ip sla schedule 2 life forever start-time after 00:05:00
!
track 100 rtr 1 reachability
track 200 rtr 2 reachability
!
event manager applet RELOAD
event track 100 state down
action 1.0 reload
!
event manager applet LINK-UP-DOWN
event track 200 state down
action 1.0 cli command “enable”
action 2.0 cli command “config t”
action 3.0 cli command “interface xxxxx”
action 4.0 cli command “shutdown”
action 5.0 cli command “no shutdown”
action 6.0 cli command “end”

ちなみに、動作は試してませんので使用する場合は自己責任で−。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください