長期的にクライアントから信頼され続けには?

A man encouraging his son to walk on rocks, Mex Sabe t-shirt, carrying a tackle box, South Mazatlan, Mexico
A man encouraging his son to walk on rocks, Mex Sabe t-shirt, carrying a tackle box, South Mazatlan, Mexico / Wonderlane

 エンジニアとして日々顧客対応をしていて、
 クライアントから信頼され続けることの難しさを感じています。

 短期的というか、瞬間風速的にクライアントから信頼されるってのは
 間々ありますが、我々としては長期的にクライアントから信頼され続け、
 ビジネスを継続していくことが求められます。

 では、どうしたら長期的にクライアントから信頼され続けられるような
 エンジニアでいられるのかをすこし考えてみました。

最新の技術を仕入れる

 流れの速いIT業界で、常に最新の技術を仕入れておくことは重要。

 情報の収集源は、インターネットだったり、セミナーだったり、
 メーカーからだったり様々。

 当然、最新技術をひたすら収集するだけではだめで、
 その技術が顧客のビジネス最適化になるかどうかを
 意識しておくことがポイント 

常にクライアントのことを気にかける

 どんなときでもクライアントのことを気にかける。
 クライアントはどんなことに悩んでいるのか?
 クライアントが気づかない問題はないか?
 我々が手伝えることはないのか?
 クライアントとのちょっとした会話も、聞き流さずに
 常に疑問を持つこと。

手間を惜しまない

 日々の活動に対して面倒がらずに対応すること。
 「こんなんで良いかぁ」とか妥協しない。

 と、色々と書き出してみて、改めて見返してみると、日々の対応の中で
 「インプット」→「シンキング」→「アウトプット」という流れを
 しっかりと行ういう至極当然の結果になりました。

 日々の活動の積み重ねの先に、永続的な信頼が待っているということですね。

 「昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう
  Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow.」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください