AT&T、ドイツテレコム傘下の米T-Mobileとの合併を断念

AT&Tが2011年3月から交渉を進めてきたドイツテレコム傘下の米T-Mobileとの合併を断念したと発表しました。

AT&T Ends Bid To Add Network Capacity Through T-Mobile USA Purchase

米司法省は両社が合併すれば、市場での競争を大幅に低下させるとして、8月末に提訴しており交渉がなかなか進まず、最終的に合併を断念したようです。
AT&Tは、「米通信当局FCCと米司法省は米国内の周波数不足を理解していない」とFCCと米司法省を批判する声明を出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください