事業戦略のレシピ

事業戦略のレシピ
鬼頭 孝幸, 山邉 圭介, 朝来野 晃茂
日本能率協会マネジメントセンター ( 2008-05-07 )
ISBN: 9784820745075

最近、事業戦略を策定する場に参加することが増えてきて、エンジニアとの2足のわらじ状態でかなり忙しい毎日を送っています。

エンジニアという仕事の面白さは何か?と問われると、いくつもありますがその1つに、

・現状の問題点を浮き彫りにし、
・その問題点を解決するために最適なシステムを検討して。
・最も最適なシステムを選択し、
・様々な機器を使って1つのシステムを構築し、
・最終的にそのシステムを無事にローンチさせてクライアントに「ワォ!」と言わせる

とくに成功までの課程が

なんてことだったりします。

で、事業戦略策定に携わって感じたのですが、事業戦略を策定することも大きな意味では同じで、

・現状の分析
・考えられるオプションを洗い出し、
・様々なオプションから現時点での最適解を導き出し、
・アクションプランにまで落とし込み、
・PDCAで
・最終的に結果を出してクライアントに「ワォ!」と言わせる

というわけで、事業戦略の策定も面白さを見いだしていたり。

とはいえ、今まで事業戦略なんてまともに考えたことがなかったので、なんか分かりやすい本ないかなぁと色々と読んでみた中で、とっかかりとして非常に分かりやすい書籍がありましたのでご紹介。

事業戦略は通常、現状分析から始まって、最終的にアクションプランへの落とし込みまで持っていくことが重要なのですが、本書も事業戦略の各ステップ「現状分析」「戦略プション策定」「オプション評価・絞込み」「計画・アクションへの落とし込み」で、実際に何をどのように考えてアウトプットしていけばよいのか、その際に注意するポイントは何か、などなどを非常に分かりやすく解説してくれていますので、私のような初心者を助けてくれる超実用書です。

本書だけで事業戦略の全てを学べるわけではないですが、一般的な事業戦略策定のノウハウを学ぶことが出来ますので、本書を出発点により深く高度な戦略手法を学んでいけばよろしいかと。

目次

オープニング「戦略」とは何か
第1章 戦略を作る前に
第2章 戦略策定ステップ1 現状分析
第3章 戦略策定ステップ2 戦略オプション策定
第4章 戦略策定ステップ3 オプション評価・絞込み
第5章 戦略策定ステップ4 計画・アクションへの落とし込み
第6章 確実に「実行」するために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください