仮想化の普及でIPレイヤーでも色々と変化が起きている

最近は仮想化の普及で、IPレイヤーでも色々と変化が起きているようです。

先日のVMworldでは、VXLANという機能について発表がありましたし、CiscoではOTVやLISPといった仮想化を考慮したプロトコルを開発し、すでに実装も進んでいます。

OTVとは

OTV (Overlay Transport Virtualization)とは、ロケーションが異なる場所であっても、IPのリーチャビリティさえあればL2レベルの通信を可能にする技術。
IPアドレスではなく、MACアドレスを使ってルーティングを行うのが特徴。

以下の動画が分かりやすいです。

LISPとは

LISP(Locator/ID Separation Protocol)とは、IETFで検討されているプロトコルで、IPアドレスを、Endpoint Identifier(EID)と Routing Locator(RLOC)という2つに分けるプロトコル。

詳細な動作は、あきみちさんが非常にわかりやすく説明してくれています。
Geekなぺーじ : 長野の空を飛ぶLISP実験

LISPとvMotionを組み合わせることで、IPリーチャビリティが確保されている離れた場所間でvMotionも可能のようです。

VXLAN

VXLAN(Virtual eXtensible Local Area Network)とは、レイヤ3ネットワークの上にレイヤ2をオーバーレイする技術。

VXLANについては、以下の記事が分かりやすいです。
新たなクラウドネットワーキング規格、「VXLAN」とは - @IT

OSI7階層モデルが絶対的な意味を持っている時代は終わりを告げ、レイヤーの垣根がどんどん低くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください