Cisco ASR9000でラインカードが再起動する不具合を発表

ASR9000

Cisco 9000 Series Aggregation Services Routers (ASR) running Cisco IOS XR Software version 4.1.0 contain a vulnerability that may cause a network processor in a line card to lock up while processing an IP version 4 (IPv4) packet. As a consequence of the network processor lockup, the line card that is processing the offending packet will automatically reload.

via: Cisco Security Advisory: Cisco ASR 9000 Series Routers Line Card IP Version 4 Denial of Service Vulnerability

XR4.1.0で動作するASR9000で、ラインカードのCPUがIPv4パケットを処理する際に、ラインカードが再起動する場合がある不具合を発表しました。
ワークアラウンドはなく、SMUを適用するか、XR4.1.1へのアップグレードをする必要があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください