ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階 ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階
ジェームズ・C・コリンズ(James C. Collins),山岡 洋一

 

日経BP社
売り上げランキング : 764

Amazonで詳しく見る

本書は偉大な業績を上げた会社がどのように衰退していくのかを、「衰退の五段階」としてまとめた一冊。

個人的には、ビジネスパーソンであれば「ビジョナリー・カンパニー」シリーズは、絶対に読んでおいて損はないと思ってまして、本書もやっぱり必読です。

本書では衰退は以下の五段階を踏むと書いています。

第1段階 成功から生まれる傲慢
第2段階 規律なき拡大路線
第3段階 リスクと問題の否認
第4段階 一発逆転の追及
第5段階 屈服と凡庸な企業への転落か消滅

本書ではかつての偉大な企業が、この五段階を経て衰退していくさまを、多くの実例をもとに書かれています。
本書を読んでいると、如何にビジョナリー・カンパニーであっても、永遠にビジョナリーであり続けることは不可能だし、必ず危機が訪れることを再認識させてくれます。

なかには、衰退の五段階を踏んでいく中で、見事に再生を果たした企業についても書かれていて、「回復への道は健全な経営慣行と厳格な戦略思考に戻ることである」という点は至極納得。
衰退からの脱却は、「最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」という考え方は非常に共感できます。

ただし、本書はあくまでアメリカの企業を対象にしているため、当然アメリカ型経営の企業が多く、第二段階の「規律なき拡大路線」などはまさに外資の徹底的な成長戦略からくる衰退として扱っていて、直接日本の企業に当てはまらない部分もあるように感じます。
衰退からの回復には、定量的な企業体力の評価と適切なリストラを継続的に実施することが含まれているあたりも、個人的にはそのとおりだと思うがまだまだ日本の企業には浸透していない気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください