ビジネスリーダーにITがマネジメントできるか

ビジネスリーダーにITがマネジメントできるか -あるITリーダーの冒険

ビジネスリーダーにITがマネジメントできるか -あるITリーダーの冒険
Robert D. Austin,Shannon O’Donnell,Richard L. Nolan,淀川 高喜

日経BP出版センター
売り上げランキング : 30912

Amazonで詳しく見る

ITとは無縁の仕事をしていたリーダーが、突如CIOに任命されて、様々な苦難に立ち向かいながら如何にして信頼されるCIOへと成長したかが小説風に書かれた書籍。

本書の特徴は、IT部門でありがちな、「ITとビジネス部門との関係」や「プロジェクトマネジメント」、「ITの価値創出」といった問題をケースとしてストーリーに盛り込み、読み手にも考えさせながら進んでいくところがポイント。

CIOレベルの立場の方はもちろんですが、現役のエンジニアの方にもおすすめしたい一冊。
今後のキャリアプランを考えるためのヒントがあると思います。

本書でも書かれていますが、個人的にもIT部門の人たちはビジネスを知らなすぎだなぁと感じることが多いです。少なくてもアカウンティングの知識はエンジニアでも必要ですし、マネジメントだってリーダーなら必須のスキルのハズなんですがね。

IT部門とビジネス部門は、本来は協調してこそ真価を発揮するものなのですが、一方は技術的な話に逃げこんでビジネスについてはまったく興味を示さず、一方は稼ぐことに目が行き過ぎてIT部門を道具のように扱ったり。お互いが目指しているベクトルが食い違っていると得てしてこんなことが起こります。

トップがそのことを理解しているか否かが、解決のための大きなポイントであるんじゃないかなと本書を読んで感じた次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください