ドコモのLTEサービスが12月24日からスタート

ドコモのLTEサービス概要

ついに正式アナウンスがありました。

報道発表資料 : 「Xi」(クロッシィ)サービスを提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモ(以下ドコモ)は、新たな携帯電話の通信規格であるLTE(Long Term Evolutionの略)を利用したサービス「Xi」(クロッシィ)®を2010年12月24日(予定)から提供開始します。

ドコモのLTEサービスは、2GHz帯と5GHz帯を使って、屋外で下り最大37.5Mbps、上り12.5Mbpsの速度を実現するサービスで、次世代のモバイルインターネットを引っ張っていくと言われているサービスです。

サービス概要を見ると、予想していたよりもスロースタートみたい。

サービス開始時の対応エリアは東京都23区、神奈川県横須賀市、千葉県成田市、愛知県名古屋市・常滑市、大阪府大阪市・豊中市・池田市・泉佐野市・泉南市の一部。
その後、2011年度に全国県庁所在地級都市へ拡大し、2012年度で全国主要都市へ拡大していく予定。

注目していたサービス価格は、専用の「Xiデータプラン」と「Xiデータプランにねん」を用意。

Xiデータプランは2470円スタートで、5GBまで7900円。

Xiデータプランにねんは、2年契約で1000円からスタートし、5GBまで6510円。5GB超は「2GBごとに2625円加算」。
つまり定額ではないと。

LTEは今までのデータ通信とは比べものにならない帯域ですので、しばらくはトラフィックの推移や特徴を把握しながら、徐々に拡大していく戦略のようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください