IPv4の枯渇は2010~2012年

IPv4の枯渇は2010~2012年、IPv6導入に向けた課題とは

IPv4アドレスの在庫は2010年から2012年までに無くなる見込みだと説明。また、割り当て済みIPv4アドレスの再利用についても施策が進められているが、それにより利用可能となるIPv4アドレスでは需要を賄えないという見通しを示し、結局はIPv6への移行が解決策になると訴えた。

うーん。
にしては、IPv6への対応の目処が立っているのがNGNだけって・・・
ISP側すら対応の目処が立っていないのに、煽られても何だかなぁという感じ。
ISPで対応してくれないことにはどうしようも無いんですけどねぇ。
IPv6 Summitの資料は以下に置いてあります。
IPv6 Summit 2009 プログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください