社員のモチベーションを上げるということ

最近、チームのモチベーションを上げることについて、色々と考えています。
つらつらと考えていて、ふと「そもそも論」に立ち返ってしまいました。
仮に全社員のモチベーションを高次元へと上げたとしても、パレートの法則が立ちはだかるのではと。
つまり、全社員を優秀でモチベーションの高い労働者で固めても売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出し他8割の社員のパフォーマンスは低下するという法則。
個人的にも、このパレートの法則は経験的にも納得感が高かったりするわけで、全社員あるいはチーム全員のモチベーションを高めることには限界があるかもなぁと。
もっと深く思考を働かせていく必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.