VISIOで線を交差させたときにまたがせる方法

ネットワーク構成図とか書くときに何気に便利だけど、以外と知られていないようなのでエントリ。
ネットワーク構成図を書くときのデファクトなツールといえばVISIO。
細かい構成になってくればくるほど、線が交差して非常に見づらい状況に陥ってしまいます。
そこでVISIOには、線が交差したときに、自動でまたいでくれる機能が付いています。
こんなかんじで。

で、この機能を使うには、ファイル → ページ設定 → レイアウトと経路 を選択。

「飛び越し点」の項目で設定を変更できます。
「飛び越し点を表示する線」を「横の線」にすれば横の線が縦の線を飛び越します。
縦の線を飛び越させたいのであればここで設定を変更できます。
また、飛び越す際のスタイルを変えたければ、「飛び越し点のスタイル」のプルダウンを変更することで可能です。
これでも、うまいことまたいでくれないときは、コネクタで引いた線を選択して右クリック → 書式 → 基本動作 を選択。

「飛び出し点」の「表示」項目を、「ページ指定に合わせる」を選択すればうまいこといくはずです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)