各ベンダーの4byteAS対応状況

IPv4枯渇問題とともに、騒がれつつあるのが、ASの枯渇問題。
現状使用されている、2byte-ASは2010前半に枯渇するとの予想があるようで、その対策としてASを4byteに増やすことにより対応させるようです。
すでに希望があれば、RIR/NIRより取得することも可能なようです。
気になる各ベンダーの4byteAS対応状況は以下の通りです。

Cisco

IOS

  • 12.5T by mid to late 2008
  • 12.5(x)T (ISRs/7200/7300) – Mid’08
  • 12.2SR (7600) – Mid’08
  • 12.2SB-Rel6 (Cisco 7200/7300/10000) – End’08
  • 12.2SX (Cisco 6500) – End’08
  • 12.2SE(X)(Cisco 4500/3750) – Later
  • 12.0S Unknown

IOS XE

  • Unknown

IOS XR

  • XR 3.4

Juniper

JunOS

  • 9.1以降

JUNOSe for ERX

  • JUNOSe4-1-0

Foundry

IronWare

  • Early 2008

ネタ元
start [SwissIX ASN32]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください