シスコがエコと性能を両立した新ルータ「Cisco ASR 1000シリーズ」を発表


シスコがエコと性能を両立した新ルータ、NGN基盤で採用へ - TechTargetジャパン

シスコシステムズは3月5日、通信事業者/企業向けミッドレンジルータ「Cisco ASR 1000シリーズ」(以下、ASR 1000)を発表した。エッジネットワーク用途のサービスルータとして、新開発のプロセッサによる高度なネットワーク品質制御や省電力・省スペースを実現 している。NTTが3月より開始予定のNGN(次世代ネットワーク)商用サービスのインフラに採用された。

NGNでも採用されるようです。
省電力、省スペースはいまや必須のスペックのようですね。
「CRS-1」や「Cisco 7600」用のネットワークインタフェースを共用できるところは良い感じですが、スループット10Gbpsってのは最近のトラフィックの肥大化を考えるとちょっと少ない気もしますが。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください