TOBIAS SAMMET’S AVANTASIA / The Scarecrow

最近音楽レビューをトンと書いていなかったが、もちろん新譜を購入していなかったわけでは無い。
むしろ貪欲に買い漁っていたりしたのだが、どうにも心の奥底を響かせてくれるものがなく悶々とした日々を過ごしていたのですが、ここにきてようやく琴線を優しく撫でてくれるものに遭遇。

ザ・スケアクロウ
ザ・スケアクロウ

posted with amazlet on 08.02.14
トビアス・サメッツ・アヴァンタジア
マーキー・インコーポレイティド (2008/01/23)
売り上げランキング: 8726
おすすめ度の平均: 4.0

4 派手さは減ったが正統派度アップ
5 純粋に楽しめた
4 AVANTASIA第3作目

ドイツが誇る若き天才、Tobias Sammetのプロジェクト「TOBIAS SAMMET’S AVANTASIA」がソレ。
内容は前作に引き続き荘厳なるメタルオペラ絵巻なのだが、今作はオペラ風味を後退しつつさらにキャッチーさを押し出した感じ。
参加しているゲストが豪華なのだが、圧巻はJorn Lande のパフォーマンスっすかね。
マジすげっス!神懸かってますぜ。
元Helloweenのキスケ君も参加して、抜群の存在感を出していたりするんですが、残念ながらJorn Lande が凄すぎて凄すぎて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください