IPAが「TCP/IPに係る既知の脆弱性検証ツール」を公開

「TCP/IPに係る既知の脆弱性検証ツール」の公開

独立行政法人 情報処理推進機構(略称:IPA、理事長:藤原 武平太)は、インターネットに接続する電子機器の情報セキュリティ対策を推進するため、インターネットの標準的な通信手順であるTCP/IP( Transmission Control Protocol / Internet Protocol )を実装する製品の開発者向けに、TCP/IPに係る既知の脆弱性検証ツールを2008年2月6日(水)より公開しました。

TCP/IPまわりの既知の脆弱性を検証できるツールが公開されています。

Web系開発屋さんは事前にこのツールを使って脆弱性をチェックすることで、対策をすることが出来ますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください