自分の中に潜む情熱を見つけるために

「Googleで働いているスタッフは、自分の時間の20%を
『自分自身が一番いいと思うこと』に費やしてかまわない」という。
そこから生まれたサービスは数知れず、GoogleNews もそこから
生まれたサービス。
この話を聞いて、「へぇ Google ってやっぱ違うね!」
で終わらせてはいけない。
ここに自分の隠れた才能を呼び覚ますことができる
大きなヒントが隠れているように思う。
1つのことに専念して深く深く追い求めることも良いが、
毎日あるいは毎週でも少しの時間を他の情熱に注いでみると
新たな発見があるかもしれないということ。
たとえば仕事中に業務以外のことに時間を使ってみる。
これはなにも Google に就職しなくても出来ること。
仕事中に他のことに時間を使うのは、
会社によっては気が引けるかも知れない。
でもちょっと考えてみて欲しい。
業務時間のすべての時間を仕事に充てているだろうか?
ちょっと一服とタバコを吸っている時間はどのぐらいあるだろうか?
YahooNews を除いている時間はどのぐらいあるだろうか?
プライベートのメールをしている時間はどのくらいあるだろうか?
そんな時間を少し減らして、自身の新たな可能性に
時間を使ってみてはいかがだろうか?
やるべきことの合間にやりたいことを挟みこむ。
それが絶妙なバランスを生む。
決して忙しさのせいであきらめてはいけない。
なぜなら情熱は実際に試して見ないと育たないのだから。
さてあなたの来年のミッションは?
まだまだ来年に向けてじっくりと考えて見る時間はあります。
それでは今年もありがとう!!
そして、来年もみなさんにとって最高の年でありますように…
see ya!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)