インターネットの円滑なIPv6移行に関する調査研究会

総務省、「インターネットの円滑なIPv6移行に関する調査研究会」を開催

総務省は7日、「インターネットの円滑なIPv6移行に関する調査研究会」を開催すると発表した。2010年までにIPv4アドレスが枯渇する恐れがある との指摘もある中、IPv6の普及は緩やかだとして、国内のインターネット網のIPv6化を速やかに行なうための方策について主に技術的観点から検討する という。

「IPv6は必要ねえ」だの、「ATMのように消えていく」だのと、IPv6の必要性に異を唱える方も多い中、ようやく総務省が動き出しましたか。

これで半ば強制的にIPv6を使う日がくることになりそうです。

それはそうと、8/7に研究会の開催を告知しているのですが、開催日が8/8ってどういうことよ。

閉鎖的に開催しようと目論んでいるのが見え隠れするのはわたしだけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください