任天堂「Wii」を生んだ「ブルー・オーシャン戦略」とは?

ブルー・オーシャン戦略を読んで、その戦略が非常に理想的な形であることは理解できたのだけど、実際にこの戦略を実践している企業はどこなのよ?なんて思っていましたが、なんと身近にありました。

任天堂「Wii」を生んだ「ブルー・オーシャン戦略」とは?

「任天堂が、新型ゲーム機「Wii(ウィー)」の企画・開発に当たってブルー・オーシャン戦略を適用したのは興味深い事例だと考えている。任天堂は、社内でチームを作り、私の本を読んで、自分たちで解釈して実践してくれたようだ。」

たしかに「Wii」の販売戦略はブルー・オーシャンですなと改めて納得。

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する
W・チャン・キム レネ・モボルニュ 有賀 裕子
ランダムハウス講談社 (2005/06/21)
売り上げランキング: 879
おすすめ度の平均: 4.0

2 分析・解説はすばらしい、でも実践法は??
2 いわゆるネーミングの勝利型
5 青い海を目指して、我々が目指すべきロールモデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください