RSTP(ラピッドスパニングツリー) -STP(802.1d)との互換性-

RSTP(802.1w)とSTP(802.1d)の互換性について

RSTPとSTPには互換性があります。

下図のようにRSTPが動作しているブリッジとSTPが動作しているブリッジを接続したとします。

 

 

RSTPが動作しているブリッジは、プロポーサル(Proposal)/アグリーメント(Agreement)ハンドシェイク(Handshake)を行おうとして、プロポーサル(Proposal)BPDUを送信します。

しかし対抗のブリッジ(SWB)ではRSTPが動作していませんから、そのBPDUを無視してSTP(802.1d)のBPDUを送信します。

SWAでは転送遅延タイマ(Forward Delay)の2倍の時間待機してから、SWBのBPDUを受信し該当のポートをSTP(802.1d)モードへと変更します。

 

 

この場合動作はSTP(802.1d)ですので、通常のSTPの動作、つまり高速なコンバージェンスは行われません。

RSTPとSTP混在時の問題点

次に以下のような構成があったとします。

 

 

SWAとSWBはRSTPが動作していますが、SWCではSTPが動作しています。

そのため先ほどの説明にあったように、RSTPが動作しているブリッジはそれぞれSTPモードに変更されます。

 

 

その後SWCを切り離したとします。

しかし、STPモードで動作していたブリッジはRSTPモードにはならず、そのままSTPモードで動作し続けてしまいます。

 


 

おすすめ記事

  • 【特集】 いまさら聞けないIT契約書のはなし【第4回 契約の種類(2)】
  • 【特集】 進化する脅威にどう立ち向かうか【最終回】
  • 【特集】 災害復旧、事業継続計画(BCP)などの対策状況(2018年)・後編
  • 【特集】 地震や台風から情報資産を守る救世主・データセンター活用の今
  • 【特集】 「固定電話も、ムダ残業もやめた」徹底した"富士通流"働き方改革
  • 関連記事

    RSTP(IEEE802.1w) -ラピッドスパニングツリー-
    RSTPの動作概要について

    RSTP(IEEE802.1w) -コンバージェンス-
    RSTPのコンバージェンスについて

    RSTP(IEEE802.1w) -STP(802.1d)との互換性-
    STP(802.1d)との互換性について

    メールマガジン

    ネットワ-ク初心者のみなさま。
    ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
    大変危険です!!

    「初心者にも理解できるネットワーク技術」

    これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
    ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

    もちろん無料です!!

    ↓メールマガジン購読はこちら↓

    メールアドレス:

    検索

    特集

    初心者のためのciscoルータの管理

    目指せPMP


    著書

    図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

    初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

    目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

    見てわかるTCP/IP

    おすすめ記事

    カテゴリ

    ブログ最新記事