RSTP(ラピッドスパニングツリー) -STP(802.1d)との互換性-

RSTP(802.1w)とSTP(802.1d)の互換性について

RSTPとSTPには互換性があります。

下図のようにRSTPが動作しているブリッジとSTPが動作しているブリッジを接続したとします。

 

 

RSTPが動作しているブリッジは、プロポーサル(Proposal)/アグリーメント(Agreement)ハンドシェイク(Handshake)を行おうとして、プロポーサル(Proposal)BPDUを送信します。

しかし対抗のブリッジ(SWB)ではRSTPが動作していませんから、そのBPDUを無視してSTP(802.1d)のBPDUを送信します。

SWAでは転送遅延タイマ(Forward Delay)の2倍の時間待機してから、SWBのBPDUを受信し該当のポートをSTP(802.1d)モードへと変更します。

 

 

この場合動作はSTP(802.1d)ですので、通常のSTPの動作、つまり高速なコンバージェンスは行われません。

RSTPとSTP混在時の問題点

次に以下のような構成があったとします。

 

 

SWAとSWBはRSTPが動作していますが、SWCではSTPが動作しています。

そのため先ほどの説明にあったように、RSTPが動作しているブリッジはそれぞれSTPモードに変更されます。

 

 

その後SWCを切り離したとします。

しかし、STPモードで動作していたブリッジはRSTPモードにはならず、そのままSTPモードで動作し続けてしまいます。

 


 

おすすめ記事

関連記事

RSTP(IEEE802.1w) -ラピッドスパニングツリー-
RSTPの動作概要について

RSTP(IEEE802.1w) -コンバージェンス-
RSTPのコンバージェンスについて

RSTP(IEEE802.1w) -STP(802.1d)との互換性-
STP(802.1d)との互換性について

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事