スタティックルーティング

 

まずはこちらの構成を見てください。

 

この構成で PC-A,PC-B,PC-C それぞれが通信出来るようにしたいとした場合、
当然各ルータにルーティングテーブルが必要になります。

ここで、

  「このルーティングテーブルってのはどうやって作られるの?」

って疑問が沸きますよね?

このルーティングテーブルを作成する方法には大きく分けて2つの方法があ
ります。

今回はそのうちの1つ、「スタティックルーティング」について説明してい
きます。


スタティックルーティング

スタティックルーティング(static routing)とは、Static(静止した、静的な)
という意味からも分かるように、

 

   「すべての宛先に対する経路情報を、ルータが静的に持っている」

 

ような方法をスタティックルーティング(static routing)と呼びます。

つまりルーティングテーブルをあらかじめ人間が設定してあげるわけです。
もちろんネットワーク全体をすべてスタティックルーティングで構成するの
であれば、すべてのルータでルーティングの設定をする必要があります。

 

 

スタティックルーティングの利点

スタティックルーティングの良いところは何といっても、ネットワーク管理
者の思い通りにルーティングを決めることが出来る点です。

それではそれぞれのルータにルーティングテーブルを設定してみましょう。

まずRTAですが、RTAからPC-B,PC-Cへのネットワークへ行きたい時はRTBへ行
けば良いですね。
そこで以下のように2つのルーティングテーブルを設定します。

続いてRTCですが、RTCからPC-A,PC-Bへのネットワークへ行きたい時はRTBへ
行けば良いですね。
そこで以下のように2つのルーティングテーブルを設定します。

最後にRTBですが、RTBからPC-AへのネットワークへはRTAへ、PC-Cへのネット
ワークにはRTCへ行けばよいので、以下のようにルーティングテーブルを設
定します。


以上の設定で全PC間の通信が可能になります。

このように管理者の思い通りにルーティングを設定できるのが、スタティッ
クルーティングの利点でもあるのですが、これが逆に欠点でもあるのです。

そこで次回はスタティックルーティングの欠点について書いていきます。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事