パケットの旅は続く…


パケットの旅は続く…

前回はルーティングの選択基準である、ロンゲストマッチ(longest match)
について解説しました。

それでは話を「パケットが宛先に届くまでの流れ」に戻して、ルーティング
の動作とMACアドレスを使用したパケットの転送について見ていきましょう。

 

  • 受け取ったパケットから宛先のIPアドレスを取り出す。
  • 宛先IPアドレスのネットワークアドレスを算出する。
  • ルーティングテーブルを参照し、該当のネットワークアドレスの次の宛先を決める。
  • その宛先へパケットを送り出す。

という基本的なルーティングの動作に従い、PC-A(192.168.0.2)から
PC-B(192.168.2.2)への通信を、RTAはRTBへとパケットを送信します。

 

パケットを受け取ったRTBは自分のルーティングテーブルを見て、RTCへと
パケットを送信します。
同じようにRTCはRTDへとパケットを送信します。

パケットを受け取ったRTDはどのような動作をするでしょう。

RTDのルーティングテーブルは以下のようになってます。

受け取ったパケットは送信元PC-A(192.168.0.2)から宛先PC-B(192.168.2.2)
へのパケットです。
宛先が192.168.2.2、つまり192.168.2.0/24のネットワークですから、RTDに
直接接続されたネットワークということが分かります。

ということで、RTDは宛先PC-B(192.168.2.2)に向けて直接パケットを送信
すればよいわけです。

そこでRTDは自身のARPテーブルからPC-B(192.168.2.2)のMACアドレスを探
します。
なければARPを使いアドレスを取得して、そのMACアドレスへ向けてパケットを
送信するわけです。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事