ルーティング・BGP -BGPメッセージの種類-


BGPメッセージの種類

BGPで交換されるメッセージは5種類あります。

タイプ 名称 説明
1 OPEN BGPセッション開始時に交換されるメッセージ。自AS番号、ルータID、BGPVersionなどの情報が含まれます。
2 UPDATE BGPの経路情報の交換に使用されるメッセージ。経路の追加や削除が発生した場合に送信される。
3 NOTIFICATION BGPセッションの切断やエラーを検知した場合に送信されるメッセージ。
4 KEEPALIVE 生存確認を行うときに交換されるメッセージ。Ciscoでは通常60秒おきに定期的に送信されます。OSPFのHelloとは動作が違い、相手ルータがKeepaliveを受信したからといってそれに応答することはありません。
5 ROUTE-REFRESH 相手ルータに対し全ての経路情報を要求するメッセージ。

 

BGP Message Header

それぞれのメッセージフォーマットの先頭につく固定サイズのヘッダーです。

Marker
BGPコネクションに認証を使用する場合に使う。もし、認証を使用しない場合はすべて"1"が入る。

Length
ヘッダを含むメッセージ全体の長さをオクテット単位で定義されます。
フィールドの値は最小で19byte、最大で4096byte

Type
メッセージのタイプコードが定義されます。
1:OPEN
2:UPDATE
3:NOTIFICATION
4:KEEPALIVE

 

BGP:OPEN Message Format

TCPセッションが確立された後に送られる最初のメッセージ。自AS番号、自ルータID、BGPバージョンなどが含まれる。

※クリックすると大きな画像で見れます

Version
BGPのバージョンが入ります。現在のBGPバージョンは"4"です。

My AS(My Autonomous System)
自AS番号が入ります。

Hold Time
生存確認タイマー値が定義されます。この時間を過ぎても相手ルータからKeepaliveが受信されなかった場合、NOTIFICATIONメッセージを送信しBGPセッションを切断します。デフォルトは180秒ですがお互いのHold Time値が異なった場合小さい方の時間を適用します。

BGP Identifier
相手ルータのBGP識別子が定義されます。通常BGPスピーカーは自分自身に割り当てられたIPアドレスをBGP識別子として使用する。この値はBGPの起動時に決定され、すべてのインターフェースとすべてのBGPピアに対して同じになります。

Opt Len (Optional Parameters Length)
オプションパラメーターフィールドの全体の長さを定義します。
この値が"0"だったらオプションパラメーターは存在しません。

Optional Parameters
さまざまなオプションを定義する場合に使用します。(IPv6、認証など)

BGP:UPDATE Message Format

BGPピア同士の経路情報の転送に使用します。

Unfeasible Routes Length
Withdrawn Routesフィールドの長さを定義します。"0"の場合はWithdrawn Routesが無いことを意味します。

Withdrawn Routes
利用不能となった経路情報を定義します。複数経路定義することも可能です。

Total Path Attribute Length
Path Attributeフィールドの長さを定義します。Init-bit。"0"の場合はNLRI(Network Layer Reachability Information)が無いことを意味します。

Path Attributes
パス属性という、BGPメトリックに関する情報を定義します。

NLRI(Network Layer Reachability Information)
利用可能な経路情報を定義します。新規に追加された経路情報はこのフィールドに定義されます。複数経路定義する事も可能です。

 

BGP:NOTIFICATION Message Format

エラーが検出された時に送信されます。このメッセージが送信されたあとBGPピアが切断されます。
NOTIFICATION Messageを調査することで何が原因でエラーが発生したかを知ることが出来ます。

Error Code
エラーの種類を定義します。

Error Subcode
エラー通知のさらに詳細な内容を定義します。

Data
エラーに関するデータが含まれます。

エラーコードは以下のように定義されています。

Error Code Error Subcode
1.メッセージヘッダエラー 1.接続が同期してない
2.メッセージ長がおかしい
3.メッセージ種別がおかしい
2.OPENメッセージエラー 1.サポートしていないバージョン番号
2.ピアASがおかしい
3.BGP識別子がおかしい
4.サポートしていないオプションパラメータ
5.認証に失敗
6.ホールド時間が受け入れられなかった
7.サポートされていないCapability
3.UPDATEメッセージエラー 1.属性リストの誤り
2.属性が識別できない
3.属性が足りない
4.属性フラグのエラー
5.属性長エラー
6.無効なORIGIN属性
7.ルーティングループ
8.無効なNEXT HOP属性
9.OPTION属性エラー
10.無効なネットワークフィールド
11.ASパスの誤り
4.ホールド確認タイマのタイムアウト
5.状態遷移エラー
6.その他

 

BGP:Route-REFRESH Message

相手ルータに対し全ての経路情報を要求するメッセージ(Route-REFRESH Message)を送ることによりBGPセッションを切断することなく、経路をリフレッシュする事が可能です。

AFI(Address Family Identifier)
アドレスファミリ識別子
1:IPv4
2:IPv6

Res.(Reserved field)
予約フィールド。値は全て"0"。

SAFI(Subsequent Address Family Identifier)
サブアドレスファミリ識別子
1:ユニキャスト
2:マルチキャスト
3:ユニキャストとマルチキャスト

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事