IOS の Feature Set について

 

IOS の Feature Set について

Feature Set とは機能パッケージのことで、バージョンが同じでも、Feature Set が違えば、使用できる機能も違います。

かつては全てのIOSで同じFeature Setが使われていましたが、最近はプロダクトの種類が増えてきたため、プロダクトごとに利用されるFeature Setが違います。

ここでは2016年8月現在の主なFeature Setを紹介しますが、Feature Setの考え方は変更されていく可能性が高いため、最新情報はCiscoのサイトで確認をお願いします。

ISRシリーズおよび古めのCiscoルータ用Feature Set

Cisco ISRシリーズ(800/1800/2800/3800)と古めのルータ(Cisco1700/2600/3700/7200/7300)などで使われているFeature Setです。

各 Feature Set の関係は以下のようになっています。

Feature Set

IOS のFeature Set は階層構造になっていて、上位のFeature Set は下位のFeature Set の機能が使用可能となっています。

IOS のバージョンとFeature Set が同じの場合、ルータの種類が違っても、使用できる機能は基本的に同じとなります。

 

Cisco IOS イメージの名称について

Cisco IOS イメージの名称にも規則があります。

例えば「C1700-entbase-mz.123–11.T.bin」イメージの場合の
それぞれの意味は以下の通りです。

1700:プラットフォーム
entbase:Feature Set
123–11.T:バージョン

上記例の場合は、Cisco1700 シリーズルータの
Enterprise パッケージでバージョンが 12.3(11)T Train の
イメージということになります。

Feature Set ごとのイメージ名は以下のようになります。

 

 

ISR G2シリーズのFeature Set

Cisco 1900/2900/3900 ISR G2シリーズのFeature Setは以下になります。

ISRシリーズのFeature Set

シンプルに4つのFeature Setになり、基本のIPBaseに加えて必要なライセンスを追加することで機能を使用することができます。

ASR1000シリーズのFeature Set

Cisco ASR 1000シリーズのFeature Setは以下のように、さらにシンプルになっています。

ASRシリーズのFeature Set

まとめ

Cisco IOS について、2 回に渡って説明してきたました。

最後にここまでのまとめを書いて終わりにしたいと思います。

IOS の Train の考え方

  • Mainline Train
    機能追加をしない安定した IOS
    安定性重視
  • T Train 新機能追加が行われる IOS
    安定性は Mainline Train に劣る

Feature Set

  • IOS はFeature Set によって使用可能な機能が決まる
  • Feature Set は階層化されていて、上位のFeature Set は
    下位のFeature Setの機能が使用可能

IOS イメージ

  • IOS イメージを確認することで、どのプラットフォームの、
    どのFeature Setの、何のバージョンのどの Train なのかを
    確認することが可能

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス:

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事