L2ループ対策その2

BPDU Guard

BPDU Guard は、PortFast の設定されているポートで BPDU を受信した時に、
そのポートを shutdown させて L2 ループの発生を防ぐ機能です。

通常、PortFast の設定をしているポートは、PC やサーバを接続するために
使用されるポートですので、そのポートから BPDU が流れてきたということは
配下にスイッチが接続されたことを意味していまうす。

Cisco の Catalyst Switch に設定する場合は、
グローバルコンフィグレーションモードで行う場合と、
インタフェースコンフィグレーションモードで行う場合の2 パターンがあります。


  Switch(config)# spanning-tree portfast bpduguard default
   

グローバルコンフィグレーションモードで行う場合、
PortFast が設定されているポートでの BPDU Guard 機能が
有効になります。


  Switch(config-if)# spanning-tree bpduguard enable
  

インタフェースコンフィグレーションモードで行う場合
PortFast 設定がポートになくても BPDU Guard が有効になります。

 

Storm Control

Storm Control は、ブロードキャストやマルチキャスト、
ユニキャストのストームを抑制する機能です。

L2 ループや DoS 攻撃などで、大量のブロードキャストや
マルチキャストストームが発生した場合に、予め設定しておいた
閾値を超えたパケットを破棄します。

Storm Control の設定は、インタフェースコンフィグレーションモードで
以下の設定を投入します。


Switch(config-if)# storm-control { broadcast | multicast | unicast } level { level [level-low ] | bps bps [ bps-low ] | pps pps [ pps-low ] }
  

どのパケット(ブロードキャスト、マルチキャスト、ユニキャスト)を
制御するのかと、制御方式(level、bps、pps)で制御するかを
設定します。

level は帯域幅を % で指定する方法で、PPS(Packet Per Second)は
1秒あたりのパケット数単位、 bps(Bit Per Second)は
1秒あたりのビット数単位で設定し、上限閾値に達すると以降の
パケットを破棄します。

○○-low 設定はオプションで、下限の閾値の設定になります。
下限の閾値を設定すると、その閾値を下回るとパケットの受信が
再開されます。
下限の閾値を設定しない場合は、上限閾値を下回った段階で、
パケットの受信が再開されます。

Storm Control ではさらにオプションとして、閾値を超えた場合に
ポートを shutdown させるか、trap を投げるかの設定も可能です。


  Switch(config-if)# storm-control action { shutdown | trap }
  

おすすめ記事

  • 【特集】 いまさら聞けないIT契約書のはなし【第4回 契約の種類(2)】
  • 【特集】 進化する脅威にどう立ち向かうか【最終回】
  • 【特集】 災害復旧、事業継続計画(BCP)などの対策状況(2018年)・後編
  • 【特集】 地震や台風から情報資産を守る救世主・データセンター活用の今
  • 【特集】 「固定電話も、ムダ残業もやめた」徹底した"富士通流"働き方改革
  • 関連記事

    検索

    特集

    初心者のためのciscoルータの管理

    目指せPMP


    著書

    図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

    初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

    目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

    見てわかるTCP/IP

    おすすめ記事

    カテゴリ

    ブログ最新記事