CCNA 模擬試験(2)

 

問題1

CDPが動作している2台のルータがあります。
CDPを使ってどの情報を相手に伝えているでしょう?
正しいものを以下から選択してください。

ア:相手のトラフィック情報
イ:ルータID
ウ:相手のルーティング情報
エ:デバイスタイプ
オ:使用プロトコル

 

 

 

解答:エ

 

 

問題2

CDPの動作について正しい回答は次のうちどれでしょうか?

ア:Ciscoルータでのみ使用可能
イ:すべてのメーカのルータで使用可能

 

 

 

解答:ア

 

 

問題3

CDPの動作について正しい回答は次のうちどれでしょうか?

ア:隣接するデバイスのハードウエアやプロトコル情報を収集するために使用するプロトコル
イ:隣接するデバイスのルーティング情報を収集するために使用するプロトコル

 

 

 

解答:ア

 

 

問題4

株式会社ITBOOKのネットワークではCDPを使用しています。
CDPを使用する理由として正しいものを以下の中から選んで下しさい。

ア:接続デバイスの設定を変更することが出来る
イ;接続デバイスのIPアドレスを入手することが出来る
ウ:接続デバイスと接続しているケーブルの種類を入手することが出来る
エ:接続しているスイッチからVLAN上方を入手することが出来る
オ:障害時に自動でネットワークを切り替えることが出来る

 

 

 

解答:イ

 

問題5

株式会社ITBOOKのネットワークではCDPを使用しています。
CDPを使用する理由として正しいものを以下の中から選んで下しさい。

ア:接続デバイスの設定を変更することが出来る
イ:障害時に自動でネットワークを切り替えることが出来る
ウ:接続デバイスと接続しているケーブルの種類を入手することが出来る
エ:接続しているスイッチからVLAN上方を入手することが出来る
オ:接続デバイスのIPアドレスを入手することが出来る

 

 

 

解答:オ

 

 

解説

Cisco独自のプロトコルであるCDP(Cisco Discovery Protocol)
レイヤ 2 プロトコルです。

CDP を有効にすると、近隣機器に自分を認識させるため、
マルチキャストアドレスを使用してアップデートを定期的に送信します。

CDP はレイヤ 2 プロトコルのため、ルーティングされません。
CDPで取得した情報を確認するには「show cdp neighbors」コマンドを使用します。

Router#show cdp neighborsCapability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - RepeaterDevice IDLocal Intrfce HoldtmeCapabilityPlatformPort IDR2-AGS Ser 1 129 R2500Ser 0R6-2500Eth 0 144 R4000Eth 0

この結果から以下の情報を確認することが出来ます。

  • 検出されたデバイス タイプ
  • デバイス名
  • ローカル インターフェイス(ポート)の数とタイプ
  • そのポートに対して CDP アドバタイズメントが有効な秒数
  • デバイス タイプ
  • デバイス製品番号
  • ポート ID

CDP は、機器全体で有効、無効の設定ができるほかに、インタフェース単位でも有効、無効の設定を行うこともできます。

ルータ上でCDPを有効にしておけば対抗装置のIOS Version やインターフェイス、IP アドレスなどの基本情報を確認することができるので、障害時の調査にも役立ちます。

 

おすすめ記事

関連記事

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事