タグ : openflow

SDN解説記事まとめ

mac-glasses

SDN(Software-Defined Network)の解説記事がだいぶ溜まってきたので、解説記事まとめをエントリーしておきます。
記事が追加される度にこちらの記事も更新していく所存。

OpenFlowとSDNに関する解説動画

medium_2670810228

OpenFlowとSDNについて解説している動画がありましたので紹介。

最近製品販売が発表されたBigSwitchのデモ動画もありましたよ。

OpenFlow and Software Defined Networking (ipSpace Webinars – demo site)

動画は以下の8本が公開されています。

  • What Is OpenFlow – Traditional Devices
  • Flow Forwarding and Controllers
  • OpenFlow Functions
  • What Can OpenFlow Tables Do
  • OpenFlow Controllers and SDN
  • Controller Ecosystem
  • The Value of SDN
  • BigSwitch Demo

「OpenFlowとは何か?」という基本的な解説に始まって、最後はBigSwitchのデモ動画まで公開されています。

全編英語ですが、かなり分かりやすい内容で、英語素人な私でも理解出来るレベルでしたよ。

Googleが発表したOpenFlowを使ったネットワーク構成について

米国サンタクララで開催されたいた「Open Networking Summit 2012」で、最も会場が沸いたのがGoogleのキーノートセッションらしいです。(行ってないので知らんけども)

Googleが発表したのは、GoogleのDC間のトラフィックは、既にOpenFlowを使って100%運用しているという話。

[ONS2012]「DC間のトラフィックは既に100%SDN/OpenFlowベース」、米グーグル – ニュース:ITpro

どうもGoogleのバックボーンは、「I-Scale」と「G-Scale」と呼ばれる2つのバックボーンを持っていて、今回OpenFlowを使用しているのは、「G-Scale」と呼ばれるデータセンター間のトラフィックを運ぶネットワークのようです。

ユーザーサービスのトラフィックを運ぶ外向けのネットワーク(I-Scale)、もう一つは同社のデータセンター間のトラフィックを運ぶインターナルのネットワーク(G-Scale)だ。今回、OpenFlowを用いてSDN化したのは後者のインターナル向けのG-Scaleである。

「G-Sclae」のネットワークが実際にどうなってるのかと調べてみたらありましたよ。

GoogleOpenFlowWAN

Going With the Flow: Google’s Secret Switch to the Next Wave of Networking | Wired Enterprise | Wired.com

アジア、米国、ヨーロッパに跨がったネットワークのようですが、よく見るとアジアはシンガポールと香港のみで日本はないんですね。

Googleのサイトにデータセンターのロケーションリストがありますが、アジアはシンガポールと香港、台湾の3カ所のようです。

Locations · Google Data Centers

Locations · Google Data Centers

CiscoがOpenFlowやSDNエンジニアを募集中!?

 

openflowlogo

 

以前、スタンフォード大学がSDNに関するリサーチセンターを設立し、スポンサーとしてCiscoやJuniper、NTTdocomoらが参加というニュースを紹介しましたが、CiscoがOpenFlowやSDNエンジニアの求人を出しているようです。

Now hiring at Cisco: OpenFlow and software-defined networking experts

今までOpenFlowやSDNに関しては静観の姿勢を見せていたCiscoですが、ようやく重い腰を上げたようです。

Ciscoの求人情報はこちら。

Job Description – Cisco Career Connection – Cisco Systems

Desired Skills
* Knowledge of SDN/OpenFlow & ability to contribute to discussion forums shaping the technology.
* Understanding packet forwarding concepts, networking protocols
* Experience with developing kernel/user modules in Linux
* Working with and contributing to Open Source Software

ただし、Ciscoからは「あくまでも今回の求人は大きなパズルの中の1つのピースに過ぎない」とコメントしているようで、どこまで本気なのかは分かりません。

とはいえ、少なからずSDNに関して無視できなくなってきていることは間違いなさそうです。

 

スタンフォード大学がSDNに関するリサーチセンターを設立し、スポンサーとしてCiscoやJuniper、NTTdocomoらが参加

ONRC Research

スタンフォード大学がSDNに関するリサーチセンターを設立し、スポンサーとしてCiscoやJuniper、NTTdocomoらが参加したようです。

ONRC Research

スポンサーに名を連ねている企業は、Cisco、Juniper、エリクソン、Google、huawei、Intel、NEC、NTTドコモ、Texas Instruments、VMwareが参加。

ONRC Research

Cisco、Juniperの2大ベンダーの参加も興味深いですが、NTTドコモが参加しているという点が個人的には非常に興味深いところです。

Cisco, Juniper among new software-defined networking research center’s founders