タグ : ビジネス

あるべきキックオフミーティングの姿に向けて事前に検討しなければいけないことリスト

pexels-photo-374384

プロジェクトやワーキンググループの開始時や、会社組織の期初などに行われるキックオフミーティング。無駄に冗長だったり、内容の無いことを延々と聞かされた経験は無いでしょうか?

そもそもキックオフミーティングとは?

「キックオフ」とはその名の通り、サッカーの試合開始を意味するもの。つまりプロジェクトなどを始動させるために行うミーティングのことで、プロジェクトやビジネスを成功へ導くために、メンバーと使命感や一体感を共有する場のことです。

そのためキックオフミーティングで、プロジェクトの概要やワーキンググループの進め方、今年度の売り上げ目標などを説明するだけでは、本来の目的を達成したとは言えません。メンバーの不安を解消したり、モチベーションを強化させたり、ゴールを共有するなど、チームの一体感を醸成させることが目的です。

そこで「あるべきキックオフミーティングの姿」に向けて、「事前に検討しなければいけないことリスト」を作成してみました。

これらの質問や課題を事前に検討し、アウトプットした答えをキックオフ資料に落とし込むことで、「あるべきキックオフミーティング」に近づけることを目的としています。

続きを読む

Amazonのジェフ・ベゾスが株主に向けたメッセージが素晴らしかったので意訳してみた。

Amazonのジェフ・ベゾスが株主に向けたメッセージがとても興味深かったので意訳してみました。ビジネスの成功で巨大になったAmazonが、俗に言う「大企業病」に陥らないための考え方が、シンプルに語られていてとても素晴らしいと感じました。日本の大企業とは真逆の考え方なのも、とても興味深いです。

【原文】About Amazon – 2016 Letter to Shareholders

2016 Letter to Shareholders

“Jeff, what does Day 2 look like?”

That’s a question I just got at our most recent all-hands meeting. I’ve been reminding people that it’s Day 1 for a couple of decades. I work in an Amazon building named Day 1, and when I moved buildings, I took the name with me. I spend time thinking about this topic.

“Day 2 is stasis. Followed by irrelevance. Followed by excruciating, painful decline. Followed by death. And that is why it is always Day 1.”

To be sure, this kind of decline would happen in extreme slow motion. An established company might harvest Day 2 for decades, but the final result would still come.

I’m interested in the question, how do you fend off Day 2? What are the techniques and tactics? How do you keep the vitality of Day 1, even inside a large organization?

Such a question can’t have a simple answer. There will be many elements, multiple paths, and many traps. I don’t know the whole answer, but I may know bits of it. Here’s a starter pack of essentials for Day 1 defense: customer obsession, a skeptical view of proxies, the eager adoption of external trends, and high-velocity decision making.

続きを読む

あなたが2020年に仕事で成功するために必要な10のクリティカルスキル

The 10 Most Important Work Skills in 2020_kectn

「2020年に仕事で成功するために必要な10クリティカルスキル」をインフォグラフィックにしたサイトがありました。

The 10 Most Important Work Skills in 2020

インフォグラフィックは2020年に向けた6つの変更要因と、必要となる10のスキルを描いています。

6つの変更要因

  • 長寿

    2025年までに60歳以上の米国人の数は70%増加
  • スマートマシンやシステムの増加

    テクノロジーは我々の能力を増強し拡張していくが、繰り返すような単調な作業は失う
  • コンピューティングな世界

    センサーの増加でプログラマブルな世界がやってくる

    データは今までは不可能だった規模で物事を見る能力を与えてくれる
  • 新規メディアの登場

    新しいコミュニケーションツールは、テキストを超えたメディア·リテラシーを必要する
  • 社会の構造

    ソーシャル技術は、生産と価値創造の新しい形をドライブしていく
  • グローバルに接続された世界

    多様性と適応性がオペレーションの中心にある

    米国と欧州は、もはや雇用創出、革新、および政治権力の独占はできない

2020年に必要となる10のスキル

  • センスを磨く
  • ソーシャルインテリジェンス
  • 斬新かつ適応的思考能力
  • 異文化コンピテンシー
  • コンピューティング能力
  • 新しいメディアリテラシー
  • トレンドを見分ける能力
  • デザインの考え方
  • 認知負荷マネジメント
  • 仮想コラボレーション

これからの5年間で、どこまで劇的な変化があるのかは不明ですが、最近のITの進歩を考えると劇的な変化が起きてもおかしくないと思っています。

そう考えると、これからも最新技術を追いかけ続けることが成功するためのスキルではなく、最新技術を活かすスキルと、解決策を考え出すスキルやアイデアを組み合わせる能力を身に付けることが成功への近道じゃないかなと漠然と思っています。

しかし、2020年って気付けばあと5年なんですね。5年なんてあっという間ですね。

さてさて、2020年に向けてビジネスの世界はどう変わっていくんでしょうか。

important-work-skills

プロレス団体「WWE」がストリーミングサービスを開始

20140102_BANNER_networklogo

WWE Network は、2014年2月24日(月)に、月額9.99ドルのストリーミングサービスを開始予定というニュースがありました。

As I See It — Why the WWE Network Will Succeed and Maybe Change Television for Good

対応するデバイスは、iPhone、iPad、iPod touchの他、Andorid、Sony PlayStation 3、 PlayStation 4、Xbox 360、Amazon Kindle Fire HD向けに提供するようです。

Apple TV向けにコンテンツを提供する事も、フライングで発表したとか。

このニュースを読んで個人的に感じたのは、スポーツ団体自らが、コンシューマ向けにストリーミングサービスを始めた点です。

既存のテレビで、視聴率を稼いでいるのはスポーツの生中継ですが、様々なスポーツ団体自らがストリーミングサービスを始めれば、既存の放送メディアの枠組みは一気に崩壊する可能性があります。

今回のニュースを読んで、既存放送メディアの「終わりの始まり」を予感させるように感じました。

今後、他のスポーツ団体が同じようにストリーミングサービスを始めるかどうかは、WWE Networkの結果如何もあると思うので、今後の動向を生暖かく見ていきたいなと。

顧客の気持ちになって考えろって、言葉で言うのは簡単だけれども

medium_6774558732

「顧客の気持ちになって考える」というのはビジネスの基本。

でも、新人にこの言葉を伝えても、なかなか腑に落ちてくれない

そもそも、新人で入社したメンバーは、顧客の立場になったことがないわけで、

そんな状態で顧客の気持ちなんて分かりっこないんですよね。

どれだけ伝えても、ぼんやりとしか分からないのも無理ないです。

顧客の気持ちを理解する手っ取り早い方法は、

実際に顧客の立場になること。

なんだけど、全社員がそんな経験をすることなんて到底無いわけで、

やっぱり難しい。

現実的でかつ効果の高い方法はないものかと考えてみたんだけど、

改めて積極的に顧客に関わることが重要なんだと思った次第。

仕事上で積極的に絡んでいくのはもちろんだけど、

プライベートでもある程度接近することも必要なんじゃねえかと。

例えば顧客と一緒に飲みに行くとか。

それぐらい絡めることが出来れば、自ずと顧客の気持ちが

分かってくるんじゃないかなぁと。

泥臭いし、エンジニアはやりたがらないことだけど、

やりたがらないことをやることで、他者より一歩抜きん出る

エンジニアになれるんじゃないかなぁ。