タグ : スマートフォン

2014年Q4 世界のスマートフォンOS市場レポート

IDCが世界のスマートフォンOS市場について最新のレポートを発表しています。

Android and iOS Squeeze the Competition, Swelling to 96.3% of the Smartphone Operating System Market for Both 4Q14 and CY14, According to IDC

via:Android and iOS Squeeze the Competition, Swelling to 96.3% of the Smartphone Operating System Market for Both 4Q14 and CY14, According to IDC – prUS25450615

レポートによると、2014年Q4時点でのiOSとAndroidを合わせたシェアが、全てのスマートフォン出荷台数の96.3%を占めているとのこと。

ただし、以下のスマートフォンOSごとの出荷台数を見ると、成長率は年々落ちてきていることが分かります。

スマートフォンOSごとの出荷台数、シェア成長率は以下の通り。

Android and iOS Squeeze the Competition, Swelling to 96.3% of the Smartphone Operating System Market for Both 4Q14 and CY14, According to IDC - prUS25450615 2015-02-25 08-32-07

BlackBerryのシェアが大きく落ち込み、Windows Phoneの成長も4.2%にとどまっています。その代わりに、AndroidとiOSがそれぞれ32%、25.5%と順調に伸びています。

2014年Q4の結果を見ると、Windows Phoneの成長率は21.6%と健闘しているように見えますが、シェアは2013年Q4の3%から2.8%と下落していて苦しい戦いをしていることが分かります。

Android and iOS Squeeze the Competition, Swelling to 96.3% of the Smartphone Operating System Market for Both 4Q14 and CY14, According to IDC - prUS25450615 2015-02-25 08-39-28

PCからモバイルへのパラダイムシフト

mobile web growth

Forbesにモバイルデバイスの普及に関する記事がありました。

Mobile Is Eating The World

Andreessen Horowitz’s Benedict Evans  presentation Mobile is Eating the World  given at the firm’s recent Tech Summit 2014 held October 27th and 28th in Sausalito, California provides excellent insights into how mobile is reordering the tech industry and the Internet. …

記事名の通り、インターネットに繋がるデバイスは、PCからモバイルへメインストリームが移っていくという記事です。

30代以上の方々に言わせれば、「スマフォが台頭しているとはいえ、PCは無くならないよね」と思っている方がほとんどではないでしょうか。

Mobile Is Eating The World 2015-01-27 15-58-17

上図はスマフォとPCの出荷台数のグラフです。

このグラフを見ると2011年ぐらいから急角度でスマフォの出荷が伸びています。
逆にPCは下落しています。

2010年までは「スマフォも便利だけど、PCは必要だよね」という考えが当たり前でしたが、2011年以降は「当たり前」が「当たり前でなくなってきている」のがよく分かります。
明らかにPCからスマフォへのシフトが起きています。

スマフォへのシフトが本格化すると、仕事の仕方も大きく変わりますし、ITビジネスも大きく変わると思います。

この記事を読んで、新たなパラダイムシフトの真っ直中にいることを改めて認識しました。

photo credit: Will Lion via photopin cc

amazonからスマートフォン「Fire Phone」が発表

Amazon Fire Phone - 13MP Camera, 32GB - Shop Now 2014-06-19 13-30-53 2014-06-19 13-30-57

以前から噂がありました、amazonからスマートフォン「Fire Phone」が発表されました。

Amazon Fire Phone – 13MP Camera, 32GB – Shop Now

速報:アマゾン Fire Phone 発表。4.7型HD液晶、顔追跡UI、実世界認識機能Firefly搭載 – Engadget Japanese

* ユーザーの視線方向を認識して、立体感を与えるダイナミックパースペクティブUI
* 専用ハードウェアボタンで起動する Firefly Technology。カメラやマイクで実世界のあらゆる商品や看板、音楽、テレビや映画の音声などを認識して、アマゾンの「1億点以上」のデータベースから関連情報を表示。アマゾンで購入やサードパーティ製アプリにつなぐ
* 背面の13MP / F2.0レンズ / 光学手ブレ補正によるカメラ機能。写真はCloud Driveに無制限保存
* 24時間365日、すぐにサポートにつながる Mayday機能。アイコンをいつでもアクセスできるクイックパネルに用意。

などが特徴の製品です。 …

気になる3GとLTE周波数の対応状況は以下の通りです。

UMTS/HSPA+/DC-HSDPA (850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz),
9 bands of LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 17, 20)

日本のモバイルキャリアの対応状況は以下の通り。

LTE周波数

  • Band 1 (2.1GHz)
    docomo
    au
    ソフトバンクモバイル
  • Band 2 (1.9GHz)
  • Band 3 (1.8GHz)
    docomo
    EMOBILE
  • Band 4 (AWS)
  • Band 5 (850MHz)
  • Band 7 (2.6GHz)
  • Band 8 (900MHz)
  • Band 17 (700MHz)
  • Band 20 (800MHz)

3G周波数

  • Band 1 (2.1GHz)
    docomo
    ソフトバンクモバイル
  • Band 2 (1.9GHz)
  • Band 4 (AWS)
  • Band 5 (850MHz)
  • Band 8 (900MHz)
    ソフトバンクモバイル

Firefox OSスマートフォンZTE Open が一般発売

xzte-open-orange.jpg.pagespeed.ic.6qlgyHAIi3

いよいよFirefox OS スマートフォンが販売されるようです。

Firefox OSスマートフォンZTE Open が一般発売、約9000円で無料通話分つきプリペイド – Engadget Japanese

欧州のモバイルキャリア Telefónica が、69ユーロ (約9000円)、30ユーロ約4000円分のプリペイド通話時間つき販売される模様。

個人的な注目はiOSとAndroidの2大巨頭にどのような戦略で挑むのかという点。

スペックを確認してみると、

  • 3.5インチHVGA (480 x 320)タッチ液晶
  • Snapdragon S1 プロセッサ (Cortex-A5 シングルコア最大800Mhz + Adreno 200) 
  • 256MB RAM
  • 512MB内蔵フラッシュストレージ 
  • microSDスロット 
  • GPS 
  • 802.11a/b/g/n WiFi 
  • Bluetooth 2.1+EDR 
  • 背面3.2MPカメラ 
  • GSM / UMTS (3G) の各帯域サポート

と特に突出した部分は見当たりません。

Firefox OSの差別化ポイント

Firefox OSの大きな差別化ポイントはHTML5/JavaScriptでモバイルアプリを開発出来る点でしょう。
端末メーカーやプラットフォームを提供している企業の思惑に縛られずにアプリを提供できる点は、iOS/Androidでは生まれなかったサービスが生まれる可能性を持っているという点で、大きな差別化ポイントになりそうです。 

もう1つの差別化ポイントはローエンドという点。
最近のAndroidも価格が上がっている印象がある中で、あえてローエンド市場を狙っているように思います。
日本を含む先進国は既にiOS/Android市場がパイを食い尽くして飽和状態ですので、あえてそこでは勝負せずにまだ荒らされていない先進国をターゲットにしているようです。

今後もFirefox OS スマートフォンが各メーカーから発売される予定ですし、これからの動きは注目してみたいです。

 

 

 

米国では携帯所有者の半数がスマートフォンを持つ時代。国内は?

smartphone.jpg.to/r

ニールセンの調査によると、米国では、2012年2月現在で携帯所有者の49.7%がスマートフォンユーザーになったようです。

Half of US cellular subscribers own smartphones: Nielsen – Technolog on msnbc.com

258481-smartphone-penetration.streams_desktop_medium.gif (521×345)

このままいくと、2012年3月にはスマートフォンユーザーが過半数を超えてくるだろうとのこと。

ちなみにスマートフォンのOS別の割合は以下のようです。

258549-smartphone-os-share.streams_desktop_small.gif (320×377)

Androidが48%でApple iOSが32%、BlackBerryが12%。

直近3ヶ月以内に購入した割合を見ると、Androidが48%でApple iOSが43%と完全に2強の戦いになってきています。

国内の状況は?

少し古いですが、MM総研が2011年7月に2015年度までの携帯電話およびスマートフォン市場規模の予測を発表しています。

スマートフォン市場規模の推移・予測(11年7月) – 株式会社 MM総研

1310025295-2.jpg (960×720)

2012年3月末で、スマートフォンユーザーは全体の20%弱と、米国に比べると割合的には少ないです。

OS別の割合は以下の通り。

スマートフォン市場規模の推移・予測(11年7月) - 株式会社 MM総研

ただし、最新の国内携帯市場に関するレポートによると、以下のような割合になっています。

2011年第4四半期および2011年国内携帯電話市場規模を発表

2011年第4四半期および2011年国内携帯電話市場規模を発表

Appleの強さは変わりませんが、予想以上に国内勢もがんばっているなぁという印象です。

上記記事には、2011年四半期のスマートフォン出荷台数比率は、全体の64.7%にまで上昇しているとのことです。

市場の嗜好もあるのでしょうが、キャリアのデータ通信ARPUの向上を狙ったスマフォ拡大戦略の効果もあるのでしょう。

ただ、スマフォ需要の急拡大にキャリアのネットワークの設備投資が間に合わずに、ネットワーク障害が多発している状況は何とかして欲しいすなぁ。