ネットワークエンジニア を目指して

ようこそ「ネットワークエンジニアを目指して」へ!!
「ネットワークトラブルに恐れることなく立ち向かえるネットワークエンジニア」へと導くことを信条に、ネットワーク技術の解説とネットワークに関する情報を幅広く紹介します!

ホーム > スイッチング技術 > RSTP(ラピッドスパニングツリー) -STP(802.1d)との互換性-

RSTP(ラピッドスパニングツリー) -STP(802.1d)との互換性-

Bookmark this on Hatena Bookmark   

RSTP(802.1w)とSTP(802.1d)の互換性について

RSTPとSTPには互換性があります。

下図のようにRSTPが動作しているブリッジとSTPが動作しているブリッジを接続したとします。

 

 

RSTPが動作しているブリッジは、プロポーサル(Proposal)/アグリーメント(Agreement)ハンドシェイク(Handshake)を行おうとして、プロポーサル(Proposal)BPDUを送信します。

しかし対抗のブリッジ(SWB)ではRSTPが動作していませんから、そのBPDUを無視してSTP(802.1d)のBPDUを送信します。

SWAでは転送遅延タイマ(Forward Delay)の2倍の時間待機してから、SWBのBPDUを受信し該当のポートをSTP(802.1d)モードへと変更します。

 

 

この場合動作はSTP(802.1d)ですので、通常のSTPの動作、つまり高速なコンバージェンスは行われません。

RSTPとSTP混在時の問題点

次に以下のような構成があったとします。

 

 

SWAとSWBはRSTPが動作していますが、SWCではSTPが動作しています。

そのため先ほどの説明にあったように、RSTPが動作しているブリッジはそれぞれSTPモードに変更されます。

 

 

その後SWCを切り離したとします。

しかし、STPモードで動作していたブリッジはRSTPモードにはならず、そのままSTPモードで動作し続けてしまいます。

 


 

おすすめ記事

おすすめ書籍紹介

マスタリングTCP/IP 応用編
入門編を卒業したらこちら。
応用編も入門編と同様に豊富な図を使用し、TCP/IPに関するさらに詳細な解説を記している。
特にパッケットの構造はかなり詳細に解説しており、初心者にはすこしつらいかもしれないが非常に読みやすいのでぜひ読んでみてほしい。

インターネットルーティング入門 第2版
ネットワーク初心者の方にぜひおすすめしたい一冊。絵を豊富に使用し、「ルーティングとは」から始まり最後はRIP、BGP、MPLSまで深い解説ではなく、浅く満遍なく解説しています。
この本が理解できればルーティングスキルの第一歩を踏み出せるでしょう。

関連記事

RSTP(IEEE802.1w) -ラピッドスパニングツリー-
RSTPの動作概要について

RSTP(IEEE802.1w) -コンバージェンス-
RSTPのコンバージェンスについて

RSTP(IEEE802.1w) -STP(802.1d)との互換性-
STP(802.1d)との互換性について

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: