ネットワークエンジニア を目指して

ようこそ「ネットワークエンジニアを目指して」へ!!
「ネットワークトラブルに恐れることなく立ち向かえるネットワークエンジニア」へと導くことを信条に、ネットワーク技術の解説とネットワークに関する情報を幅広く紹介します!

ホーム > TCP/IP技術 > ウェルノンポート(Well-known Port)

ウェルノンポート(Well-known Port)

Bookmark this on Hatena Bookmark   

 

ポート番号

IPアドレスはインターネットの中で一意でなければいけませんでしたよね。
一意であるからこそ、IPアドレスを使用して宛先までパケットが届くのです。

これと同じように各サービスごとに「一意の番号」が決められていて、
サーバはその番号をチェックするだけでどのサービス宛のパケットなのかを
判断します。

その一意の番号のことを

  「ポート番号」

と呼びます。

ポート番号は16ビットの2進数で表され、0~65535の範囲で割り振られます。
つまり65535種類のサービスを識別できるわけですね。

ちなみにIPアドレスはインターネット上で一意でなければいけませんでしたが、
ポート番号は各サーバで一意であれば問題ありません。

ですから例えば、

  • SV-1上ではポート番号 80 がWebへのアクセス
  • SV-2上ではポート番号 8080 がWebへのアクセス

だったとしても全く問題ないわけです。


ウェルノンポート

さてここで考えてみて下さい。
ポート番号は各サーバごとに一意で良いのであれば、
世界中のサーバでサービスごとのポート番号が違ってしまう
なんてことも考えられますよね。

例えばSV-1のWebサーバへのアクセスは
ポート番号80を指定してアクセスするけど、
SV-2のWebアクセスはポート番号8080を指定して
アクセスしなくちゃいけなくなります。

これが世界中のWebサーバでバラバラだったら
たまったものではありません。

クライアントはどのサーバがどのポート番号にしているのかを
把握していなくちゃいけないわけですからね。

そんな無秩序な状態ではインターネットは大混乱です。

そこで主要なサービスについてはあらかじめポート番号を
決めておこうということになりました。

たとえばWebサービスはポート番号80、メール転送サービスは
ポート番号25、DNSはポート番号53というように。

そのあらかじめ決められているポート番号のことを

  「ウェルノンポート」

と呼びます。

「ウェルノンポート(Well-known Port)」は
ポート番号1~1023までの範囲で決められています。

以下に「ウェルノンポート」の一例を挙げておきます。

 


 

すべての「ウェルノンポート」については以下を参照して下さい。
http://www.iana.org/assignments/port-numbers

おすすめ記事

おすすめ書籍紹介

マスタリングTCP/IP 応用編
入門編を卒業したらこちら。
応用編も入門編と同様に豊富な図を使用し、TCP/IPに関するさらに詳細な解説を記している。
特にパッケットの構造はかなり詳細に解説しており、初心者にはすこしつらいかもしれないが非常に読みやすいのでぜひ読んでみてほしい。

インターネットルーティング入門 第2版
ネットワーク初心者の方にぜひおすすめしたい一冊。絵を豊富に使用し、「ルーティングとは」から始まり最後はRIP、BGP、MPLSまで深い解説ではなく、浅く満遍なく解説しています。
この本が理解できればルーティングスキルの第一歩を踏み出せるでしょう。

関連記事

サーバ/クライアント通信
まったく接続されていない2つのネットワークであれば、同じIPアドレスを使用しても問題ないんじゃあないの?なんて思いませんか?

ポート番号(序章)
ポート番号についての解説。序章編

ウェルノンポート(Well-known Port)
ウェルノンポート(Well-known Port)についての解説

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: