データリンク層


データの橋渡し役 ~データリンク層(datalink layer)~

今回はOSI参照モデルの第2層であるデータリンク層について解説します。

データリンク層の規格

まずはデータリンク層の規格にはどんなものがあるか見てみよう。


このようにデータリンク層の中には様々な規格が存在します。

ここではでは現在主流となっている“イーサネット”と  “IEEE802.3Ethernet”規格を中心に進めていきたいと思います。

データリンク層:フレームが届く範囲

 データリンク層では

  “物理的に直接接続されたノード間でのデータのやりとりが可能

 になります。

 この“物理的に直接接続されたノード”とは以前説明したLAN(Local Area Network)もこの定義に当てはまりますね。

以上、データリンク層の解説でした。

 

おすすめ記事

関連記事

メールマガジン

ネットワ-ク初心者のみなさま。
ネットワークの基礎知識を疎かにすることは
大変危険です!!

「初心者にも理解できるネットワーク技術」

これを読めばネットワークの基礎が分かる!!
ネットワーク関連の仕事に就きたいとお考えの学生の方や、ネットワークに興味があって転職を考えている社会人の方、まずは登録してみてください。

もちろん無料です!!

↓メールマガジン購読はこちら↓

メールアドレス: