PMPの解説をようやく11章まで書き上げた

目指せPMP ようやく11章まで書き上げました。

目指せPMP

予想以上に書かないといけない図が多くて時間がかかりましたが、ようやくPMBOK 11章の解説を書き上げました。
残すは、「プロジェクトマネージャーの社会責任」も含めてあと2章。

11月中には全部書き上げるとか言ってましたが残念ながらそれは難しいそう。
書きたいこともやりたいことも溜まっているので、出来るだけ早めに仕上げますよと。

ちなみに、目指せPMPは、PMBOK 第4版をベースに書いています。

PMP試験は既に第5版ベースで実施されていますので、まずは第4版ベースを書き上げてから、第5版との差分を盛り込んでいきたい所存。

第4版と第5版の差分

PMBOK 第5版は、まだしっかりと読んではいないのですが、軽く第4版との差分を記載しておきます。
第4版と第5版の大きな差分は以下の3つ。

  1. 第3章の内容の一部が付録に移動
  2. 新たに「ステークホルダー・マネジメント」という知識エリアが追加
  3. 計画プロセスの追加

さらに、インプット、ツールと技法、アウトプットも、結構変更されている模様。
それに伴って、ただでさえ分厚いPMBOKがさらにページ数が増加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)