HSRP(Hot Standby Routing Protocol)

HSRPとVRRPの違い

VRRPはRFC3768で標準化されたプロトコルですが、
HSRPはCisco独自のプロトコルで、Cisco機器でしか動作しません。
基本的な動作はVRRPと同じですが、細かい動作が以下のように異なります。

 

ルータの呼称

VRRPは「マスタールータ」と「バックアップルータ」という
名称でしたが、HSRPの場合はそれぞれ「アクティブルータ」と
「スタンバイルータ」と呼びます。

 

仮想IPアドレスの設定

VRRPの場合、インタフェースに設定する仮想IPアドレスに、
物理IPアドレスを指定することができますが、
HSRPの場合は仮想IPアドレスとして物理IPアドレスを
設定することができません。

 

制御フレーム

VRRPの場合、マスタールータになったルータは、
「VRRP Advertisement」を一定間隔で送信し続けますが、
バックアップルータになったルータは「VRRP Advertisement」の
送信を停止します。

HSRPの場合は、スタンバイルータであっても、
「HSRP Hello(VRRPでいうVRRP Advertisement)」を送信します。

HSRPの制御フレーム(HSRP Hello)のパケットキャプチャ

 

マルチキャストアドレス

「VRRP Advertisement」は、224.0.0.18という
マルチキャストアドレスを使用しましたが、
HSRP Helloは224.0.0.2というマルチキャストアドレスを使用します。

 

仮想MACアドレス

VRRPの仮想MACアドレスは「00:00:5e:00:01:(VRRPグループ値)」
でしたが、HSRPの場合の仮想MACアドレスは
「00:00:0C:07:AC:(HSRPグループ値)」となります。

 

HSRPの設定例

以下の構成を例に実際にHSRPを設定してみます。

HSRPの設定例

 

HSRPの有効化

HSRPを有効にするには、有効にしたいインタフェースで
HSRPグループIDと仮想IPアドレスを設定します。

router(config-if)# standby [group-number] ip [ip-address]

group-number:HSRPグループID
ip-address:仮想IPアドレス

 

優先度の設定

HSRPはVRRPと同様に優先度大きいルータが
アクティブルータになります。
優先度を設定する場合は以下のコマンドを設定します
(優先度のデフォルト値は100)。

router(config-if)# standby [group-number] priority [priority]

group-number:HSRPグループID
priority:優先度

2台にルータが同じ優先度だった場合は、
より大きなIPアドレスを設定しているルータが
アクティブルータになります。

HSRPのオブジェクトトラッキング設定

VRRPと同様にオブジェクトトラッキングの設定も可能です。
オブジェクトトラッキングの説明については以下のページで解説しています。

VRRPの設定例

router(config-if)# standby [group-number] track [type-number] [interface-priority]

group-number:HSRPグループID
type-number:インタフェース名
interface-priority:優先度を引き下げる値

ここまでの設定例は以下の通りです。

-----ルータ1-----
interface FastEthernet0/0
ip address 10.1.1.1 255.255.255.0
standby 1 ip 10.1.1.254
standby 1 priority 200
standby 1 track FastEthernet1/0 150
-----------------
-----ルータ2-----
interface FastEthernet0/0
ip address 10.1.1.2 255.255.255.0
standby 1 ip 10.1.1.254
-----------------

 

HSRPの動作確認

「show standby」コマンドでHSRPの状態を確認することが可能です。

○ルータ1
RT1#show standby
FastEthernet0/0 - Group 1
State is Active
2 state changes, last state change 00:05:04
Virtual IP address is 10.1.1.254
Active virtual MAC address is 0000.0c07.ac01
Local virtual MAC address is 0000.0c07.ac01 (v1 default)
Hello time 3 sec, hold time 10 sec
Next hello sent in 2.768 secs
Preemption disabled
Active router is local
Standby router is 10.1.1.2, priority 100 (expires in 10.640 sec)
Priority 200 (configured 200)
Track interface FastEthernet1/0 state Up decrement 150
Group name is "hsrp-Fa0/0-1" (default)
○ルータ2
RT2#sh standby
FastEthernet0/0 - Group 1
State is Standby
1 state change, last state change 00:02:47
Virtual IP address is 10.1.1.254
Active virtual MAC address is 0000.0c07.ac01
Local virtual MAC address is 0000.0c07.ac01 (v1 default)
Hello time 3 sec, hold time 10 sec
Next hello sent in 1.616 secs
Preemption disabled
Active router is 10.1.1.1, priority 150 (expires in 10.608 sec)
Standby router is local
Priority 100 (default 100)
Group name is "hsrp-Fa0/0-1" (default)

おすすめ記事

関連記事

検索

特集

初心者のためのciscoルータの管理

目指せPMP

▼ ネットワークエンジニアにおすすめのサイトはこちら ▼


著書

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

初心者のためのCiscoルータ運用ガイド: 最速でCiscoルータを理解するための解説書

目指せPMP PMBOK第5版対応: 最速でPMPに合格するための解説書

見てわかるTCP/IP

おすすめ記事

カテゴリ

ブログ最新記事