タグ : wireshark

「Wireshark」のv1.8.0が公開

Wireshark replacement icon. by ~send on deviantART

「Wireshark」のv1.8.0が公開されました。

Wireshark · Wireshark 1.8.0 Release Notes

注目の新機能は複数NICからの同時キャプチャーすねー。

WiresharkでキャプチャしたIPアドレスから国や地域を調べる

Wireshark replacement icon. by ~send on deviantART

WiresharkでキャプチャしたIPアドレスから国や地域を調べる

WiresharkでキャプチャしたIPアドレスから国や地域を調べることが出来るようなので試してみました。

HowToUseGeoIP – The Wireshark Wiki

まず、インストールしてあるWiresharkが、GeoIPをサポートしているかどうかを調べてみます。

「Help」→「About」で、 「with GeoIP」と記載されていればOK。もし、記載が無ければ最新版にUpdateしましょう。

PVS-01

Geoデータベースをインポート

続いて、IPアドレスと国・地域を紐付けるためのデータベースをWiresharkにインポートします。  
データベースには有償版と無償版があります。

・有償版

 MaxMind – Products

・無償版

 Index of /download/geoip/database/

今回は無償版を使ってみます。

上記URLから、「GeoLiteCity.dat.gz」というファイルをダウンロードして、任意のフォルダに展開します。

Wiresharkで、「Edit」→「Preferences…」→「Name Resolution」→「GeoIP database directories」→「Edit…」→「New」で、展開したデータベースフォルダを指定します。

続いて、「Edit」→「Preferences…」→「Protocols」→「IPv4」→「Enable GeoIP lookups」 にチェックを入れます。

PVS-01

キャプチャしてみる

試しに、google.comにアクセスしてみます。

PVS-01

キャプチャ結果のIPフィールドにGeoIPの結果が追加されました。

送信元IPはプライベートアドレスなので「unknown」と表示されていますが、宛先IPはサンフランシスコと表示されています。

Geolocationの情報を差まり画面に表示させたい場合は、「Destination GeoIP Country」や「Destination GeoIP City」を選択し、右クリック→Apply As Columnをクリックすると表示させることが出来ます。

PVS-01

また、Geolocationの結果から、地図上のポイントも表示出来るようです。

方法は、メニューの「Statistics」→「Endpoints」を選択し、IPv4タブを選びGeolocationが表示されているIPアドレスを選択し、「MAP」ボタンを押します。

PVS-01

すると、ブラウザが起動し、マップが表示され該当の場所がポイントされるようです。

残念ながら私の環境ではうまく表示されませんでした。。。

6a00e008d9577088340115717fd1f7970b.png

Wiresharkの最新安定版「1.6」が公開

wireshark_icon

ネットワークプロトコルアナライザの「Wireshark」が最新安定版の「1.6」を公開しました。

The current stable release of Wireshark is 1.6.0.

新機能は以下の通り。

Large file (greater than 2 GB) support has been improved.
Wireshark and TShark can import text dumps, similar to text2pcap.
You can now view Wireshark’s dissector tables (for example the TCP port to dissector mappings) from the main window.
Wireshark can export SSL session keys via File→Export→SSL Session Keys…
TShark can show a specific occurrence of a field when using ‘-T fields’.
Custom columns can show a specific occurrence of a field.
You can hide columns in the packet list.
Wireshark can now export SMB objects.
dftest and randpkt now have manual pages.
TShark can now display iSCSI, ICMP and ICMPv6 service response times.
Dumpcap can now save files with a user-specified group id.
Syntax checking is done for capture filters.
You can display the compiled BPF code for capture filters in the Capture Options dialog.
You can now navigate backwards and forwards through TCP and UDP sessions using Ctrl+, and Ctrl+. .
Packet length is (finally) a default column.
TCP window size is now avaiable both scaled and unscaled. A TCP window scaling graph is available in the GUI.
802.1q VLAN tags are now shown in the Ethernet II protocol tree instead of a separate tree.
Various dissectors now display some UTF-16 strings as proper Unicode including the DCE/RPC and SMB dissectors.
The RTP player now has an option to show the time of day in the graph in addition to the seconds since beginning of capture.
The RTP player now shows why media interruptions occur.
Graphs now save as PNG images by default.
TShark can read and write host name information from and to pcapng-formatted files. Wireshark can read it. TShark can dump host name information via