タグ : IPv4

いよいよ北米でIPv4アドレスが今年中に枯渇する見込み

photo-1431542535025-608d7b779625

アジアでは、2011年にIPv4アドレスの割り振りが終了しましたが、ついに今年中には北米でのIPv4アドレスが枯渇するというニュースがありました。

ついにIANAによるIPv4アドレスの割り振りが終了 | ネットワークエンジニアを目指して – ブログ

For some time now, we’ve been writing about how IPv4 addresses are running out. Very soon, ARIN, the American Registry for Internet Numbers, which distributes IP addresses in North America, will have to say “no” to a member requesting IPv4 addresses, even though they qualify for getting them.

via:Get ready to wait in line for more IPv4 addresses | Ars Technica

記事によると、今後数週間で割り当てるためのIPv4アドレスが無くなるだろうと書かれています。
IPv4アドレスは約43億個あるのですが、ほとんどが使われているということになります。何だか感慨深いですね。

今後、IPv4を使いたい企業が取るべき道は2つ。IPv4アドレスの売買を仲介する業者から、IPアドレスを購入するか、IPv6への移行のどちらかです。

現在のIPv4アドレスの相場は、1個あたり約12ドルと言われていますが、今後は高騰するものと思われます。

Prices ranges from $9-$11/address.  Microsoft paid $11.25/address in the 2011 Nortel bankruptcy.

via:IPv4 Address Market Takes Off – Dyn Research | The New Home Of Renesys

以下のグラフはGoogleが発表しているIPv6アドレスの利用率です。これを見ると確実にIPv6の利用は増えていて、全体の割合で6%を超えてきています。

IPv6 – Google 2015-05-14 09-41-43

IPv6 – Google

ついにIANAによるIPv4アドレスの割り振りが終了

終わりの始まり。

まぁ来るべき時が来ただけなのですが、何となく感慨深いのでエントリ。

2011年2月1日未明(IANA所在地のカリフォルニアでは1月31日)に、 アジア太平洋地域の地域インターネットレジストリ (RIR; Regional Internet Registry)であるAPNICに対し、 IANA(Internet Assigned Numbers Authority)から、 最後の二つの/8ブロック(一つの/8ブロックは、 約1,678万アドレス)が分配されました。

via: 【速報】IANAからAPNICへ、二つの/8ブロックが割り振られました

IANAには残り5つの/8ブロックがあるのですが、「/8ブロックの残りが最後5ブロックとなった際、 それらは世界に五つあるRIRに一つずつ分配され、 すべての割り振りを終了する」というポリシーがあるため、残りの5ブロックは各RIRに割り振られる予定とのこと。

IPv4アドレスの枯渇がいよいよ目前

枯渇するぞするぞと言われながら、なかなか枯渇しないもんだからオオカミ少年のような流れになっていた、IPv4アドレスの枯渇問題ですが、ついに残りアドレスブロックが2ブロック(約0.78%)になったようです。

IANA(Internet Assigned Numbers Authority)は2010年11月30日、未使用のIPv4アドレスブロックを4ブロック割り振った。これで未割り振りのIPv4アドレスは残り7ブロック、総アドレス数に占める割合は約2.7%となった。ただし、事実上の残りアドレスブロックは2ブロック(約0.78%)となる。

via: IPv4アドレスの枯渇がいよいよ目前、在庫が実質2ブロックに – ニュース:ITpro

一部の間では、枯渇したとたんインターネットが使えなくなるという話を聞きますが、決してそんなことはなく、インターネットは問題無く見れますのでご安心を。
とはいえ、一つの時代が終わりを迎えるわけで、IPv4アドレスでネットワークを学んできた身としては感慨深いのは事実。

IPv4 Address Report