タグ : facebook

Facebookがネットワークのトラフィック制御ツールをオープンソースで公開

様々な環境下でアプリケーションをテストするため、2G、3G、LTE等をシミュレート出来るAugmented Traffic Control(ATC)ツールをオープンソースで公開しています。

When we launch a new app or feature on Facebook, we usually do it from a powerful wireless network at our offices in North America. These networks are typically what we use to test and build services. However, for a large percentage of people around the world, accessing Facebook requires connecting to a slower, less reliable wireless network. We want as many people as possible to be able to access our services at their full potential. So we need to be able to test our features on wireless connections that more accurately reflect the types of connections people on Facebook will ultimately use.

via:Augmented Traffic Control: A tool to simulate network conditions | Engineering Blog | Facebook Code

11057200_345253649006207_376414183_n
11057200_345253649006207_376414183_n

ATCはタイムアウトや速度低下などが原因でクラッシュしてしまうメッセンジャーアプリのような製品をテストするために、2013年ごろにFacebook内部で利用するために開発されたとのこと。

ソースコードはGitHubで公開されています。

facebook/augmented-traffic-control · GitHub

Open vSwitchがLISPをサポート

LISP

Open vSwitch にLISP機能が追加されたようです。

[ovs-git] Open vSwitch: Add support for LISP tunneling (master)

ちなみに、ここでいっているLISPは、プログラミング言語のLISPではなくて、Locator/ID Separation Protocolの略のほう。

仮想化の普及でIPレイヤーでも色々と変化が起きている

色々と応用できそうではあるけど、実際に商用でLISP使っているところってあるのかなぁと調べてみたところ、Facebookで使われているっぽい。

LISP Deployment at Facebook(PDF)

参考文献

Cisco LISP – The Locator/ID Separation Protocol

Locator/ID Separation Protocol

Facebookの「Open Compute Project」を公開し、サーバー/データセンターのノウハウをオープン化

Open Computer Project

今われわれはパロアルト本社で行われているFacebookのイベント会場にいる。このイベントの主題が消費者から直接目に見えるものではなく、サービスを支える力になるテクノロジーに関するものであることはすでに知らされている。そして彼らは、新しい取り組みである「Open Compute Project」を発表した。

via: Facebookの「Open Compute Project」:サーバー/データセンターのノウハウをオープン化

すごいよFacebook!

サーバー/データセンターのノウハウをオープン化するとはね!

発表されたFacebookのデータセンターは徹底的にエコにこだわっているようで、

オレゴン・データセンターのエネルギー効率は現在の業界標準よりはるか上をいっている。これはもちろん環境に好影響を与える。電力使用量で38%も効率的であり、コストとしては24%の節約となっている。この新しいサーバ技術は3人のエンジニアによって開発された。

via: Facebook、最新データセンターの秘密を公開―「ファイトクラブみたいに扱ってはいけない」

データセンターは、高性能な電気系統で480V配電が使われ、電圧も277Vを配備。

100%「evaporative cooling system」を使った冷却システムを採用。

その他、詳細は、Open Compute Projectで公開されています。