タグ : ネットワーク

「よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み」という書籍を執筆しました

よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み

今年に入って出版社の秀和システム様から書籍執筆の依頼をいただきまして、インフラエンジニア1年目に向けた技術書「よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み」を執筆していました。このたび2016年9月30日(予定)に秀和システム様より発売されるということで簡単に紹介したいと思います。

図解入門 よくわかる最新ネットワーク技術の基本と仕組み
中嶋章
秀和システム
売り上げランキング: 303,658

書籍の内容

今回のターゲットはインフラエンジニア1年目の新人エンジニアにしました。右も左も分からない中で、どのように効率よくITスキルを積み上げていけばよいか、様々な技術のどの部分がキモとなるのかを解説しています。最近のインフラ技術は仮想化やクラウド、SDNなどの新しいスキルもカバーしていかなければいけないため、その辺りにも言及しています。

ネットワーク関連の技術書は既に数多く出回っていますが、

  • 昨今のSDNや仮想化といったネットワーク周りの大きな変化
  • 技術解説だけではなく若手インフラエンジニアに向けた書籍が少ない

という2つのモチベーションから、この辺りにテーマを絞って書いてみました。基礎的なTCP/IPの技術解説にとどまることなく、現場でのトラブル事例や運用する上で注意した方が良い点などのTips的なことをできるだけ盛り込むようにしました。

目次

第1章 コンピュータネットワークを理解しよう
第2章 プロトコル
第3章 物理層とデータリンク層
第4章 データリンク層
第5章 ネットワーク層
第6章 トランスポート層
第7章 セッション層、プレゼンテーション層、アプリケーション層
第8章 ネットワークを構成する機器
第9章 クラウドコンピューティングと仮想化

執筆環境

実はメインの話題はこっちだったりするんですが、今回の書籍はKindle本を含めると4冊目になり、自分の中での執筆環境も大分固まってきましたので、執筆環境についても紹介しておきます。

執筆に使用したシステムやツールは以下の通りです。

続きを読む

総務省が電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データを発表したので、各キャリアのシェアを中心に調べてみた

2015年12月末時点での、総務省が電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データを発表しました。

総務省|電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (平成27年度第3四半期(12月末))

以下にサマリーのご紹介。

続きを読む

IPv6の普及率について

medium_7161800595

次回のJanogの発表に「なぜ、IPv6 対応したくないのか」というネタがあるみたいなので、ちょっと調べてみました。

IPv6

なぜ、IPv6 対応したくないのか

Googleは、GoogleにアクセスしているIPv6ユーザーの割合を公開しています。

IPv6 – Google

IPv6 – Google 2014-12-16 10-20-49

2014年12月時点で全体の4〜5%程度がIPv6ユーザーの模様。
着実に増加しているものの、全体から見るとまだまだのようですね。

国別の割合はこんな感じ。

IPv6 – Google 2014-12-16 10-22-58

普及率でいうと、ヨーロッパとアメリカがほとんどという状況。

CiscoのGCI(Global Cloud Index)によると、クラウドの普及によって、IPv6への移行が加速されるとのこと。

  • 2018 年までに、世界のインターネット ユーザの 24 % が IPv6 に移行すると見られています。
  • 2018 年には、世界において固定とモバイルを合わせたデバイス全体の 50 % 近くが IPv6 対応となります。
  • クラウド プロバイダーによる展開が拡大し、IPv6 コンテンツとその可用性に好影響を与えてきました。IPv6 対応の Web サイトの数は、2013 年 10 月から 2014 年 10 月までに約 33 % 増加しています。

Global Cloud Index (GCI) – Cisco

photo credit: Yogesh Mhatre via photopin cc

CiscoがACI(Application Centric Infrastructure)というSDNソリューションをリリース。

CiscoがACI(Application Centric Infrastructure)というSDNソリューションをリリース。

Technology Leaders Rally Behind Cisco’s Application Centric Infrastructure
Open architecture and diverse partner ecosystem strengthen transformational approach to data center infrastructure and application agility

via:Technology Leaders Rally Behind Cisco’s Application Centric Infrastructure – The Network: Cisco’s Technology News Site

Cisco ACIは、物理機器と仮想基盤を統合し、オープンなAPIを基本にアプリケーションまで含めたオーケストレーション技術っぽい。
セキュアにスケールできる環境が特徴のようで、CiscoもいよいよSDN市場に本格的に乗り出してきた感。

ACIのソリューションで使われるコントローラは、Cisco APIC(Application Policy Infrastructure Controller)というコントローラのようで、以下のPDFに詳しい説明がありました。

Cisco Application Policy Infrastructure Controller(PDF)

ACIの概要については以下のデモムービーが分かりやすいですね。

Juniperのサイト活用法

juniper-networks-blue-png

CCO(www.cisco.com)の活用方法を解説するサイトはあるけど、Juniper(www.juniper.net)の活用方法を解説しているサイトが無い気がしたので勢いで書いてみる。

プロダクトの情報

各プロダクトの情報は以下のページから辿っていけば効率的です。

Network Security Products and Services – Juniper Networks

プロダクトのサイズ、消費電力といったデータシートを調べることが出来ますよ。

もっと詳細な情報を調べたい場合は、Technical Documentationのページから辿っていけばOK

Technical Documentation – Support – Juniper Networks

OSの情報

Junosの情報は先ほどのTechnical Documentationから、Junos OSのリンクを辿っていけば、バージョンごとの情報を調べることが出来ます。

Junos OS – Technical Documentation – Support – Juniper Networks

OSのダウンロード(アカウント要)

Junos OSのダウンロードは、ページ最下部のSoftware Downloadsから辿っていけばダウンロードページにアクセス出来ます。

Junos Platforms – Download Software – Support – Juniper Networks

情報メールの受信(アカウント要)

プロダクト事にUpdate Informatinがあった場合、メールを受信することが出来ます。

Supportページから、Technical Bulletinsのページで設定が可能です。

構成確認ツール(アカウント要)

CiscoのDynamic Configuration Tool的なツールも用意されています。

Juniper Configurator Tool

使い方はめんどいので説明しないけど、直感的に使えるんじゃないかと。

IOSコマンドをJunosに変換するツール(アカウント要)

IOSのコマンドに対応したJunosコマンドに変換してくれるツールも準備しています。

IOS to Junos Translator

IOSコマンドを入力して、Translateボタンを押すと変換してくれます。

と、ここまで書いてみて気づいたけど、アカウント不要で活用しているページってあんまないなぁ。
というか、そもそもJuniperのサイト活用してないわぁ。。。