タグ : ネタ

各種プログラミング言語でコンパイルされたトランプがクール

5
5

これはありそうで無かったんじゃないでしょうか。

プログラミング言語のコードが書かれている、プログラマ向けのトランプを販売しているサイトがありました。

code:deck – playing cards for developers

トランプの数字と絵柄を、プログラミング言語でコンパイルするというネタが斬新で面白いです。

対応しているプログラミング言語は以下の13種類です。

  • Assembly
  • Bash
  • C
  • Brainfuck
  • Python
  • Objective-C
  • C#
  • JAVA
  • PHP
  • JavaScript
  • CSS
  • HTML
  • SQL

PHPだと、

10

JavaScriptだと以下な感じ。

J

HTMLならこんな感じ。

K

CSSなら以下。

Q

価格は10ドル+配送料が5ドルとのことですが、日本への配送が可能かは不明です。

何かをやめるときのテクニック

bsrOzgDkQhGRKOVC7Era_9X6A3584

何かをやめるって難しい

仕事でもプライベートでも、何かを始めることよりも何かをやめることの方が難しいと感じています。

「今までこれだけ投資してきたのに、今更やめるとかありえない」とか、「今やめたら損するかもしてない」と考えてしまい、やめるにやめれない状況って誰しも経験があるんじゃないでしょうか。
何かを始めるときや、すでに始めていることに対して、今後も続けていって良いのか?と疑問を感じた時に、余計なバイアスにとらわれずに決断できるようになりたいものです。

そこで、今回は「何かをやめるためのテクニック」について書いてみます。

何かをやめるかどうかを考えるときの事前準備というか考え方

もったいないと考えない

そもそも、サンクコストのバイアスにとらわれないことが一番ですので、今までの投資額を意識しすぎてもったいないと考えてしまうと、正しい判断が出来ません。「それが無理だから困ってるんですよ」という方は以降のテクニックを使って見ましょう。

現状維持という考えを捨てる

人は何も考えないと現状維持したがる傾向にあります。
いつもやっているからという理由だけで続けるという選択をしないように、現状維持という考えを捨ててみましょう。

ゼロベースで考える

ゼロベースとは、ゼロの状態から検討しなおすことで、先入観にとらわれることなく、問題点を考えるための方法です。
先入観があると、どうしてもそっちに引っ張られてしまうので、ゼロベースで考えることが重要。

何かをやめるためのテクニック

まだ持っていなかったら?と考える

「まだそれを持っていないとしたら、それを手に入れるならいくらはらうか?どれぐらいの時間を費やせるか?」を考えてみます。その結果、お金も時間も投資したいと思うなら続ける。そこまでの投資は無駄だよねと思ったらすっぱりとやめましょう。

これをやめたら本当に損するのか?と考える

「これをやめることで、会社や自分は損するのか?」と考えてみます。よく考えたら実は対して損することはなく、逆にやめたほうが得するかもしれません。

第三者に意見を聞いてみる

最終的には自分の判断で決めるとしても、第三者に意見を聞いてみることも選択するための気づきになるかもしれません。

流れで引き受けない

人に頼まれたときに、その場の雰囲気とか頼んできた人との関係から、その場の流れで引き受けてしまい、後で後悔してしまうなんてことがあります。
そうならないためにも流れで引き受けるのでは無く、次のテクニックと組み合わせて、いったん自分の中で考えてから判断するようにしましょう。

回答する前に5秒待つ

すぐに回答するのではなく、回答する前に5秒待ってから回答するようにしましょう。

失敗を過去のものにする

自分の失敗を認めて、さっさと成功に向かう

一旦やめてみる

いきなりやめるという判断が難しいこともあるでしょう。そんなときは「いつもで再開できるけど、一旦やめてみる」というのも一つの手かもしれません。

Cisco IOS上でピンポンゲームが出来るということで試してみた。

Cisco Support Communityにピンポンゲームが出来るEEMスクリプトが紹介されていました。

Good old PONG now runs on IOS as a TCL script.

via:PONG on IOS | EEM Scripting | Cisco Support Community | 5941 | 12359826

EEM(Embedded Event Manager)とは、Ciscoが扱っている各OS(IOS、IOS XR、IOS XE、NX-OS)に搭載された運用管理機能の1つです。
事前にイベントとアクションを設定し、イベントを検出すると、設定しておいたアクションを実行してくれます。

EEM (Embedded Event Manager)

via:EEM (Embedded Event Manager) – ネットワークエンジニアを目指して

早速試してみた

実機を用意するのが面倒だったので、GNS3上のIOSで動作させてみました。

IOSバージョン

c7200-ipbase-mz.151-4.M5.bin

事前準備

下記サイトから「iospong.tcl_.zip」をダウンロードして解凍します。

PONG on IOS | EEM Scripting | Cisco Support Community | 5941 | 12359826

tclファイルを保存する「disk0:」をフォーマットします。

R1#format disk0:
Format operation may take a while. Continue? [confirm]
Format operation will destroy all data in "disk0:".  Continue? [confirm]
Writing Monlib sectors....
Monlib write complete 

Format: All system sectors written. OK...

Format: Total sectors in formatted partition: 2016
Format: Total bytes in formatted partition: 1032192
Format: Operation completed successfully.

Format of disk0: complete
R1#

TFTP等でtclファイルを転送しても良いのですが、ホストOSとの接続が面倒だったので、IOS上で直接TCLファイルを作成しました。

「tclsh」コマンドでTclシェルモードを起動させます。

R1#
R1#tclsh 
R1(tcl)#

Tclシェルモードから抜ける場合は、「tclquit」コマンドで抜けることができます。

Tclシェルモード上でスクリプトを作成するには、「puts [open “disk0:ファイル名” w+]」とすることで作成し、保存することが可能です。

puts [open "disk0:iospong.tcl” w+] {

ここに、iospong.tclファイルの中身をコピペ

}

TCLの実行

それではtclを実行してみます。

R1#tclsh disk0:iospong.tcl

実行してみると分かりますが、残念ながら操作は全く出来ずに見ているだけですが、ネタとしては面白いですね-。

traceroute xmas.futile.net

NANOGのML上でギークらしいクリスマスネタがありましたので紹介。

merry xmas | NANOG | users

「xmas.futile.net」宛にtracerouteを実行すると、実行結果がクリスマスツリーのアスキーアートやクリスマスに関係の深い有名な曲の歌詞が表示されるというネタが上がっていました。

説明するよりも見てもらった方が早いので、実行結果の動画を貼っておきます。