犬の画像から犬種を予測するWebサービスで遊んでみた

犬の画像を読み込ませることで、その画像に写っている犬の犬種を機械学習AIを使って予想するWebサービスがありましたので遊んでみました。

What is your dog?

裏でマイクロソフトのディープラーニングのAPIを動かして画像認識させているようです。

早速試してみましょう
まずは柴犬を読み込ませてみます。

続きを読む

脳科学は人格を変えられるか?

脳科学は人格を変えられるか?
文藝春秋 (2014–09–12)
売り上げランキング: 3,095

原題は「Rainy Brain, Sunny Brain」で、明るい正確や暗い性格など、人の正確を脳科学と心理学を使って変えていけるということを紹介した書籍。

明るい性格の人と、暗い性格の人の脳の特徴を様々な実験や調査をもとに解き明かし、人格は固定したものではなく変化し、脳に関する知見を応用すれば、トレーニングで人格を変化させることも可能と説明しています。

本書によると、「セロトニン運搬遺伝子」の弱いタイプの人は、ネガティブな逆境に弱く、ポジティブな出来事への反応性も高いとのこと。そして遺伝子の機能は固定化されたものではなく、環境からも影響を受ける。

そのため、認知心理学のトレーニングで修正でき、そうすると脳内にも変化が起こって、ネガティブな出来事への反応性を抑制できるらしい。

人格の形成には以前から興味があって、生まれ持った遺伝子で大部分の人格が決まるのか、周りの環境の影響が大きいのか、人格を形成する要因は何なのか?

本書を読んで、改めて遺伝子と環境の両方で人格は形成され、だからこそトレーニングで人格を変えられるということは理解した。理解したけど、遺伝子と環境がどのような状況であれば、人は明るい性格になったり、暗い性格になるのか、というメカニズムは理解できず。おそらく遺伝子と環境の要因パターンが多すぎて、まだまだ調査・研究が必要なんでしょうね。

ちなみに本書を読んで最も印象に残った言葉は、「楽観主義」について語った以下の一文。

『彼女の人生はわたしたちに、楽観主義とは単にハッピーな気持ちでいることでも、「すべてはうまくいく」とひたすら信じることでもないと教えている。問題は、逆境が訪れたときにどう反応するかだ。たとえ全世界から拒絶されているように感じても、それでもなお前に進もうとするのが楽観主義者なのだ。』

そう、楽観主義とはただ「大丈夫、大丈夫」と気楽に考えることではなく、どんな問題が起きても決して諦めない信念なんですよね。

ネットワークエンジニアならチェックしておきたい13の海外ネットワーク情報サイト(2016年版)

海外のIT系サイトまとめメモ

以前、ネットワークエンジニアならチェックしておきたい8つの海外ネットワーク情報サイトを紹介しました。

ネットワークエンジニアならチェックしておきたい8つの海外ネットワーク情報サイト | ネットワークエンジニアを目指して – ブログ

紹介したのは2012年のため、改めて見返すとサイトが閉鎖されていたり、最近見ているサイトが無かったりとさすがに情報古くない?と思ったので、改めて「ネットワークエンジニアならチェックしておきたい海外ネットワーク情報サイト」をまとめてみました。

続きを読む

「OpenSignal」が最新の国別LTEカバレッジ&ダウンロード速度比較を発表

世界中のモバイル利用者が、通信状況をクラウドにアップロードすることで、世界規模で電波状況を共有できるサービス「OpenSignal」が最新の国別LTEカバレッジ&ダウンロード速度比較を発表しています。

The State of LTE February 2016 – OpenSignal

LTEカバレッジとダウンロードスピード比較

以下のグラフは2015年4QのLTEカバレッジとダウンロードスピード比較を日本のキャリアに絞って表示させています。

The State of LTE February 2016 - OpenSignal_0gtus

カバレッジはKDDIが最も良くて、ダウンロードスピードはソフトバンクが最も良い結果になっています。

国別のLTEカバレッジ

以下のグラフは国別のLTEカバレッジです。

The State of LTE February 2016 - OpenSignal_c09dv

1位は韓国の97%で、日本は2位の90%です。米国は7位の81%となっています。

国別のダウンロードスピード

国別のダウンロードスピードは以下のようになっています。

The State of LTE February 2016 - OpenSignal_bbnp3

1位はシンガポールの37Mbpsで、2位はニュージーランドの29Mbps、3位はハンガリーの28Mbpsとなっています。日本は34位の12Mbpsとなっています。

詳細の内容については、以下の記事を参照ください。

The State of LTE February 2016 – OpenSignal

iTunes MatchからGoogle Play Musicに乗り換えた

080

普段から音楽は良く聴く方で、基本的に音楽聴き放題サービスは使わずに、CD等を購入している派です。

既に1万曲ほど持っていて、さすがに1万曲を持ち歩くストレージはないので、今まではAppleのitunes matchを契約していました。

iTunes Matchは、楽曲をクラウド上にアップロードしてすべてのデバイスで聴くことができるようになるサービスです。
iTunesに曲を放り込むと、勝手にクラウド上にアップロードしてくれて大変便利なのですが、年間3,980円とまぁまぁな値段するんですよね。

どうしたもんかなぁと思いながら使い続けていたんですが、ちょっと油断したすきに同様のサービスをGoogleが「Google Play Music」という同様のサービスを日本でも開始した模様なので早速比較してみました。

続きを読む