Raspberry Pi2にOpenVPNをインストールしてみた(OpenVPNインストール編)

OpenVPNのインストール

Raspberry Pi2にOpenVPNをインストールしてみた(事前準備編)に続いて、OpenVPNのインストールを行います。

必要なパッケージをインストールします。

# apt-get install openvpn openssl
# apt-get install openvpn libssl-dev openssl easy-rsa

続いて、認証局用のディレクトリを作成します。

続きを読む

Raspberry Pi2にOpenVPNをインストールしてみた(事前準備編)

Raspberry Pi2にUbuntuをインストール

使用するOSはUbuntuにしてみました。RaspberryPiの公式サイトにあるのはUbuntu MATEで、インストールをGUIで行う必要があるっぽいです。そうなるとモニターやキーボードを用意しなければいけないため却下。いろいろ調べて見ると、Ubuntu Pi Flavour MakerというサイトでRaspberry Pi用のUbuntuのOSを公開しているようです。

Download | Ubuntu Pi Flavour Maker_wrm2l

Download | Ubuntu Pi Flavour Maker

今回は「Ubuntu Server (standard)」を使ってみます。Ubuntuをダウンロードしている間に、micro SDカードのフォーマットを実施します。

続きを読む

Ansibleのnetwork moduleを使ってCisco IOS機器を制御する

ansible-thumbnail

複数台のCisco IOSルータから定期的にコマンドを取得する必要があったので、せっかくなのでAnsibleを使って制御してみました。

Ansibleは標準で多くのネットワーク機器をサポート

Ansible 2.0から多くのNetwork Moduleに対応しています。

Network Modules — Ansible Documentation

CiscoはもちろんJuniperやArista、F5などなど一般的なベンダーは一通りサポートしています。

数台の機器であれば、がんばって1台ずつ設定するのもアリですが、数十台、数百台の設定となるとこれはもう機械的にやった方が楽ですし間違いも起きないので、コードを書くことが苦手なインフラエンジニアも覚えておいて損はないと思います。

続きを読む

LINE Notifyを使ってWebサーバーがダウンしたらLINEに通知するようにした

LINEがIFTTTと連携したようなので試してみたという記事を書いたのですが、せっかくなので個人的に常用するレシピを作ってみました。

このWebサイトは「Uptime Robot」という無料の監視モニタリングツールを使って監視をしています。Uptime Robotはインターネット越しからサイトの正常性を監視してくれるため、ユーザー視点で正常かどうかをモニタリングしてくれます。特徴は以下の通りです。

  • 50サイトまで無料
  • 複数の監視タイプに対応(HTTP、Ping、Port、Keywords)
  • 通知先も多数(メール、SMS、Twitter、Slackなどなど)
  • 過去24時間の応答時間をダッシュボードで確認できる
  • 監視履歴もダッシュボードで確認可能(CSV形式でダウンロード可)

設定方法も簡単で、アカウントを作成してログインしたら、「Add New Monitor」から設定を行います。

続きを読む

LINEがIFTTTと連携したようなので試してみた

LINEが「LINE Notify」というサービスを発表しました。このサービスは、IFTTTやGithub、Mackerelなどの外部サービスと連携して通知を受け取ることができるサービスのようです。
早速IFTTTと連携させて遊んでみました。

LINEとIFTTTと連携させる

LINEとIFTTTの連携はスマホでももちろんできますが、PC上からでも連携が可能なので、今回は全ての操作をPC上から行ってみます。

続きを読む