カテゴリー : 未分類

製品としての価値としては、iPadがiPhoneを抜いた

iPadの利益率はiPhoneの半分というニュースがありましたが(それでも23~30%の利益率!)、製品としての価値については、iPadがiPhoneを抜いたそうです。

米アップルの米国販売での粗利益率、iPadはiPhoneの約半分 | Reuters

Apple: The public shifts | YouGov – BrandIndex

Apple-VALUE

Apple-INDEX_0

ただ、今月にはiPhone 5の発表があるらしいし、iPhone 5の出来によっては、iphoneが抜き返す可能性もありますが。

【速報】ついに! 招待状の発送スタート! iPhone 5の発表は9月12日(水)で確定。 : ギズモード・ジャパン

ちなみに、アップル製品別の利益は以下の通り。

apple-revenue-chart-of-the-day1

ディズニーがipadとミニカーを組み合わせて遊ぶアプリを発表

ディズニーがipadとミニカーを組み合わせて遊ぶアプリ「Appmates」を発表しました。

Disney is About to Turn Your iPad Into an Interactive Game Board

カーズのミニカーをipadの上に置くと、画面が反応してコースを走ることができるおもちゃ。仕組みはミニカーの底にセンサーがあって、ipadが反応するようです。

価格はミニカー2個セットで20ドル(アプリは無料)

今を生きる

最近は不況が原因なのかどうか分かりませんが、リスクを恐れて
行動することに躊躇してしまう方に出会うことが多いように思います。
なんだかんだと言い訳を並べてみたりして。

きつい言い方かもしれないけど、辞めたくないんだったら文句を言わないで
やればいいし、辞めるんだったら文句を言わないで辞めればいいんじゃないかと。
どっちにしても、文句を言っていること自体が問題だと思うんです。

「オレたちには二つの進むべき道がある。それは誰かの責任にして
人生を生きるか、100%自分の責任として、人生を生きるかだ。」

そう自分に言い聞かせて、今年は考えることより行動することに
軸足を置いた一年でした。

そのおかげか、新たな出会いが増えました。
来年はその出会いを深く、広くしていくことが大きなミッションです。

人が賢くなれるのは、昨日を振り返り、明日を夢見て、今を生きること。

とにかく人や時代のせいにするのではなく、自分の信念に従って行動すること。
自律なき自由は存在しない。

最近、毎日がきらきらと輝いて、いきいきと生きている人に限って、
必ず人生のゴールを持っている気がしています。

あなたの人生のゴールは何ですか?
最初の一歩は、その道のりの半分に相当するといいます。

まずは細かいことは考えずにそんなことを考えることから始めてみては
どうでしょう。

それでは今年もありがとうございました!
来年もみなさんにとって、どうか充実した一年でありますように。

過去にとらわれるな 未来を夢見るな いまの、この瞬間に集中しろ!
 (Do not dwell in the past, Do not dream of the future,
Concentrate the mind on the present moment.)

see ya!!

2009年に読んだ本ベスト10

だいぶ遅くなってしまいましたが、2009年に読んだ本の中からベスト10を選んでみました。
あくまで私が2009年に読んだ本であって、2009年に発売された本ではありませんのであしからず。

以下順不同

2009年に読んだ本ベスト10

新たなビジネスの潮流を提示してくれた。
今後のビジネスの在り方を考えさせてくれるきっかけを与えてくれた1冊。

読み物として最高におもしろいのはもちろん、知的好奇心も十分満たしてくれるノンフィクション。

プレゼンの考え方を変えてくれた1冊。
仕事でプレゼンをする機会があるかたは必読。

今更ながらに読んだのですが、何これ。おもしろすぎ。

2009はリーダーシップ関連の書籍を多く読みましたが、その中でダントツ。

池谷氏の本は知的好奇心を満たしてくれるので大好きです。

西原理恵子さんの魂の言霊。
見た目のデザインとは裏腹に、内容はとても深くカネとは仕事とは自由とは何かを真剣に考えさせられます。

クライアントにとって真に価値のあるプロフェッショナルになるための指南書。
ビジネスパーソンは読んで損はありません。

とんでもないリアリティで、戦略や企業変革を描く名著。

神田昌典氏の集大成的書籍。
賛否両論あるようですが、個人的には多くの気づきを与えてくれました。

以下次点