カテゴリー : TCPIP

マスタリングTCP/IP 入門編 第5版が出るらしい

TCP/IPを学び始める場合に必ず手に取るであろう「マスタリングTCP/IP 入門編」の第5版が出るようです。

初版が1998年のようですが、未だに売れ続けているという鉄板書籍です。

当然売れ続けているのは理由があって、他の書籍と比べて網羅性もあり、内容も読みやすく、しっかりと書かれているため、これ1冊持っておけば間違いない内容だったりするんですよね。

第5版の目次は以下の通り

第1章 ネットワーク基礎知識
第2章 TCP/IP基礎知識
第3章 データリンク
第4章 IPプロトコル
第5章 IPに関連する技術
第6章 TCPとUDP
第7章 ルーティングプロトコル(経路制御プロトコル)
第8章 アプリケーションプロトコル
第9章 セキュリティ
付録

IPv6教科書

IPv6教科書 (インプレス標準教科書シリーズ)
江崎 浩
インプレスR&D (2007/11/13)
売り上げランキング: 121950
おすすめ度の平均: 3.0

3 IPv6 の雑学の本

IPv6の技術解説というよりは、IPv6をどのように活用していくかに重きを置いた書籍。

ということで、IPv6の技術の習得は他の書籍で補いつつ、本書ではもっと広い意味でIPv6について学んでいくのが効率的かもしれません。

特に携帯電話やWiMAXとIPv6との関わり合いについては、個人的には興味深かったり。

IPv6 エッセンシャルズ

IPv6 エッセンシャルズ 第2版
Silvia Hagen 市原 英也 豊沢 聡
オライリー・ジャパン (2007/06/22)
売り上げランキング: 125851
おすすめ度の平均: 4.0

4 ゆたかなエピソード的内容をふくむ IPv6 最新仕様の解説
4 そろそろ本気で

IPv4の枯渇問題が再燃している昨今ということで、そろそろ本気でIPv6にも取り組んでいかねばと思い購入。

オライリー本なので、内容は高度ではあるもののIPv6の最新の仕様が盛り込まれているため、現時点でIPv6に関わるエンジニアは必須な本でしょう。
IPv6の基本構造から、ICMP、QoS、マルチキャスト、ルーティング、IPv4との相互運用まで基本的な技術はすべて網羅しています。

マスタリングTCP/IP 入門編 第4版

no image
竹下 隆史 村山 公保 荒井 透 苅田 幸雄
オーム社 (2007/02/24)
売り上げランキング: 1434
おすすめ度の平均: 5.0

5 第3版との異同
5 TCP/IPのバイブル

あら、知らない間に第4版がでていたようです。

TCP/IP入門書の超定番。

第4版から新たに「第10章 ネットワーク利用環境とその変化」が追加され、セキュリティ関連やIPv6に関する話題など、最新のネットワークに関する話題が追加されているようです。

 

目次

第1章 ネットワーク基礎知識
第2章 TCP/IP基礎知識
第3章 データリンク
第4章 IPプロトコル
第5章 IPに関連する技術とIPv6
第6章 TCPとUDP
第7章 ルーティングプロトコル(経路制御プロトコル)
第8章 アプリケーションプロトコル
第9章 物理層、伝送媒体と公衆通信サービス
第10章 ネットワーク利用環境とその変化
付録

マスタリングTCP/IP (SNMP編)

マスタリングTCP/IP (SNMP編)

マスタリングTCP/IP (SNMP編)
緒方 亮 鈴木 暢 矢野 ミチル
オーム社 (2005/09)

 ネットワーク系のメルマガですから、
 書籍ぐらいはネットワーク系の書籍をご紹介します(笑)

 TCP/IPを学ぶ際に、真っ先に紹介しているのが、
 「マスタリングTCP/IP 入門編 」と「マスタリングTCP/IP 応用編 」
 だったりします。

 そんな「マスタリングTCP/IP」にSNMP編が発売されるようです。

 内容はといいますと、実際に読んだわけではないので
 解説ページに書かれている内容をご紹介。

—-以下オーム社のページから抜粋—-
ネットワークに携わるすべての技術者向けに、SNMPの基礎知識を網羅した解説
書。RFCを読む前の参考書として、初心者向けのわかりやすい概説から始めて、
具体例や図を多用した汎用の詳細解説までを行う。
SNMPの管理に利用する管理情報については、MIBの読み方や書き方、SMIの詳細
といった、アプリケーション開発者向けの話題も盛り込む。
————————————

 目次
 第1章 ネットワーク管理とは
 第2章 SNMPの概要
 第3章 SNMPプロトコル
 第4章 管理情報の表現方法
 第5章 SNMPネットワーク管理
 第6章 SNMPとセキュリティ