カテゴリー : 書籍レビュー

脳科学は人格を変えられるか?

脳科学は人格を変えられるか?
文藝春秋 (2014–09–12)
売り上げランキング: 3,095

原題は「Rainy Brain, Sunny Brain」で、明るい正確や暗い性格など、人の正確を脳科学と心理学を使って変えていけるということを紹介した書籍。

明るい性格の人と、暗い性格の人の脳の特徴を様々な実験や調査をもとに解き明かし、人格は固定したものではなく変化し、脳に関する知見を応用すれば、トレーニングで人格を変化させることも可能と説明しています。

本書によると、「セロトニン運搬遺伝子」の弱いタイプの人は、ネガティブな逆境に弱く、ポジティブな出来事への反応性も高いとのこと。そして遺伝子の機能は固定化されたものではなく、環境からも影響を受ける。

そのため、認知心理学のトレーニングで修正でき、そうすると脳内にも変化が起こって、ネガティブな出来事への反応性を抑制できるらしい。

人格の形成には以前から興味があって、生まれ持った遺伝子で大部分の人格が決まるのか、周りの環境の影響が大きいのか、人格を形成する要因は何なのか?

本書を読んで、改めて遺伝子と環境の両方で人格は形成され、だからこそトレーニングで人格を変えられるということは理解した。理解したけど、遺伝子と環境がどのような状況であれば、人は明るい性格になったり、暗い性格になるのか、というメカニズムは理解できず。おそらく遺伝子と環境の要因パターンが多すぎて、まだまだ調査・研究が必要なんでしょうね。

ちなみに本書を読んで最も印象に残った言葉は、「楽観主義」について語った以下の一文。

『彼女の人生はわたしたちに、楽観主義とは単にハッピーな気持ちでいることでも、「すべてはうまくいく」とひたすら信じることでもないと教えている。問題は、逆境が訪れたときにどう反応するかだ。たとえ全世界から拒絶されているように感じても、それでもなお前に進もうとするのが楽観主義者なのだ。』

そう、楽観主義とはただ「大丈夫、大丈夫」と気楽に考えることではなく、どんな問題が起きても決して諦めない信念なんですよね。

ソーシャルマシン M2MからIoTへ つながりが生む新ビジネス

ソーシャルマシン M2MからIoTへ つながりが生む新ビジネス (角川EPUB選書)
ピーター・センメルハック
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 101,808

M2MやIoT市場の大いなる可能性と、IoTビジネス参入のためのビジネスデザインについて書かれた書籍。
著者がベンチャーの創業者ということもあり、かなり具体的に書かれています。

ソーシャルの重要性を本書は以下のような言葉で表現しています。

これから評価されるのは、ネットワークに接続可能で、ソーシャルなガジェットだ。つながる製品は時間とともに価値を増していくが、つながらない製品はすぐに時代遅れになるからだ。

特に後半のビジネスデザインについては、「ソーシャル自動販売機」や「デジタルサイネージ」、「学習型サーモスタット」など執筆当時の最先端技術(今となっては最先端じゃないけど)を事例にかなり具体的に書かれていてとても参考になりました。

ただ本書を読んで改めて思ったのは、多くのベンチャーがIoTビジネスに挑みながら、その多くが突出した成功を収められていないのは、それぞれの企業が独自の仕様で作り込んでしまうことが原因の一つのんじゃないかと。

各フィールドごとに仕様を決めて、各社仕様に沿って作ることは市場の成熟には重要な気がします。

IoT市場は参入障壁が低いので、この問題が顕著なんじゃないかなぁ。

nmapの実用的コマンド10選

nmapの実用的コマンド10選

みなさん、nmap活用してますか?nmapはポートスキャンツールとして有名ですが、最近は機能が拡張されていて、様々な機能をサポートしています。

nmapはGordon Lyonによって書かれたセキュリティスキャナである。ポートスキャン機能だけでなく、OSやバージョンの検出機能、サービスおよびそのバージョンの検出機能など、多くの機能を兼ね備えている。

via:nmap – Wikipedia

nmapは、使いこなせればネットワーク管理者にとって非常に役に立つツールです。

今回はnmapを使った実用的なコマンドを10個ほどご紹介します。

続きを読む

まさか15年の時を越えて改版されるとは思わなかった。「詳説 イーサネット 第2版」が発売。

物理層は不滅なり。

まさかこの時代にイーサーネットに特化した解説書が出てくるとは思ってなかったので思わずエントリ。

物理層界隈の方には名著と言われていた、15年前に出版された「詳説 イーサネット」の第2版が発売されるそうですよ。

詳説 イーサネット 第2版
Charles E. Spurgeon Joann Zimmerman
オライリージャパン
売り上げランキング: 44,567

目次を見る限り、初版との大きな差分は以下ぐらいですかね。

  • 伝送速度が最大400Gbpsに。
  • Power over Ethernet(PoE)の章が追加。
  • Energy Efficient Ethernetの章が追加。

10G/100Gの詳細な仕様を把握しておきたいという方はチェックしてみてはいかがでしょう。

マスタリングTCP/IP 入門編 第5版が出るらしい

TCP/IPを学び始める場合に必ず手に取るであろう「マスタリングTCP/IP 入門編」の第5版が出るようです。

初版が1998年のようですが、未だに売れ続けているという鉄板書籍です。

当然売れ続けているのは理由があって、他の書籍と比べて網羅性もあり、内容も読みやすく、しっかりと書かれているため、これ1冊持っておけば間違いない内容だったりするんですよね。

第5版の目次は以下の通り

第1章 ネットワーク基礎知識
第2章 TCP/IP基礎知識
第3章 データリンク
第4章 IPプロトコル
第5章 IPに関連する技術
第6章 TCPとUDP
第7章 ルーティングプロトコル(経路制御プロトコル)
第8章 アプリケーションプロトコル
第9章 セキュリティ
付録