カテゴリー : ネットワークねた

ドコモのLTEサービスが12月24日からスタート

ドコモのLTEサービス概要

ついに正式アナウンスがありました。

報道発表資料 : 「Xi」(クロッシィ)サービスを提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモ(以下ドコモ)は、新たな携帯電話の通信規格であるLTE(Long Term Evolutionの略)を利用したサービス「Xi」(クロッシィ)®を2010年12月24日(予定)から提供開始します。

ドコモのLTEサービスは、2GHz帯と5GHz帯を使って、屋外で下り最大37.5Mbps、上り12.5Mbpsの速度を実現するサービスで、次世代のモバイルインターネットを引っ張っていくと言われているサービスです。

サービス概要を見ると、予想していたよりもスロースタートみたい。

サービス開始時の対応エリアは東京都23区、神奈川県横須賀市、千葉県成田市、愛知県名古屋市・常滑市、大阪府大阪市・豊中市・池田市・泉佐野市・泉南市の一部。
その後、2011年度に全国県庁所在地級都市へ拡大し、2012年度で全国主要都市へ拡大していく予定。

注目していたサービス価格は、専用の「Xiデータプラン」と「Xiデータプランにねん」を用意。

Xiデータプランは2470円スタートで、5GBまで7900円。

Xiデータプランにねんは、2年契約で1000円からスタートし、5GBまで6510円。5GB超は「2GBごとに2625円加算」。
つまり定額ではないと。

LTEは今までのデータ通信とは比べものにならない帯域ですので、しばらくはトラフィックの推移や特徴を把握しながら、徐々に拡大していく戦略のようですね。

拡張ICMPがRFC5837で公開

RFC 5837 – Extending ICMP for Interface and Next-Hop Identification

This memo defines a data structure that can be appended to selected 
ICMP messages. The ICMP extension defined herein can be used to 
identify any combination of the following: the IP interface upon 
which a datagram arrived, the sub-IP component of an IP interface 
upon which a datagram arrived, the IP interface through which the 
datagram would have been forwarded had it been forwardable, and the 
IP next hop to which the datagram would have been forwarded.

ICMPを使って、インタフェース名やIPv4/v6アドレス、MTU等の情報を取得できる仕様が、RFC5837で公開されました。

RFC5837の策定には、CiscoやJuniperのエンジニアも関わっていますので、実装されるのも早そうですね。

UQ WiMAXってどうなのよ?

携帯電話各社がデータ通信サービスに帯域制限を導入している中、下り40Mbps、上り10Mbpsの高速通信サービス「UQ
WiMAX」を手がけるUQコミュニケーションズの野坂社長が、当面帯域制限を行わないつもりであることを「ワイヤレスジャパン2010」で行われたGIGAZINEの取材に対して直々に明言しました。

各社が規制する中、「UQ
WiMAX」は帯域制限を行わないことを社長がムービーで直々に明言 – GIGAZINE

これだけ見ると、すばらしいなぁとか感じるのですが、エンジニアの立場になって考えると、実は帯域制限かけるほどバックボーンは逼迫してないんじゃね?と思い、加入者の状況をEMOBILEと比較してみました。

月別加入者増減推移

image004.gif

 

月別加入者推移

image002.gif

勝ち組なEMOBILE、負け組なUQ WiMAXという状況ですね。

UQ WiMAXはKDDIが絡んでいますので、バックボーンもそれなりの帯域を準備していると思いますので、「帯域制限は行わない」という強気な姿勢も納得です。

逆に加入者が多いキャリアがこぞって帯域制限をしてきている現状を踏まえると、マーケティング的にも声を大にして言っておきたいのでしょう。

CiscoからAndroid搭載のタブレット発表

yu_cius2.jpg

Cisco Simplifies Mobile Collaboration with First-of-its- kind HD Video-Capable Business Tablet -> Cisco News

New Android-based Computing Device Uses Cisco Collaboration Architecture and Virtual Desktop Integration to Deliver Mobile Computing, Collaboration and Communication Services

CiscoからAndroid搭載のタブレット「Cisco Cius」を発表。

IPフォンのディスプレイ部分がクレードルになっていて取り外し可能な模様。

Cisco Ciusの仕様は以下の通り。

  • Wi-Fi a/b/g/n 対応
  • 3G,4G対応
  • Bluetooth対応
  • 7インチタッチスクリーン
  • 解像度800×600
  • 720pHD 動画対応
  • CPUはIntel Atom 1.6GHz
  • 内蔵FLASHメモリは32GB
  • 500万画素、HD動画対応カメラ
  • 重さは520g

完全にビジネス用途で、Ciscoの「Cisco TelePresence」や「WebEx」も利用可能とのこと。

ワークスタイルを変えるデバイスかもしれないという意味で、個人的にもビジネス的にも非常に期待大。

BFDがRFCに登録

あー、なんか知らない間にBFD(Bidirectional Forwarding Detection) がRFC化されてた。

Ioshints: BFD has reached RFC status

Bidirectional Forwarding Detection (BFD) protocol has finally been published as a series of RFCs.

BFDの標準化もずいぶん長いこと検討されていた気がします。

そういえば、BFDについての解説ってやってなかったなぁ。

機会があれば書いてみようかな。