ドコモがインドから撤退したので、インド国内キャリア市場を調べて見た

LINEで送る
Pocket

NTTdocomoが2667億円を出資していたインドから撤退というニュースがあったので、インドのキャリアの状況を調べてみました。

NTTdocomoは2009年にタタ・テレサービシズの発行済株式合計26.5%を2667億円で取得したわけですが、今回この株式を全て売却します。

少し古いですが、インド国内の通信キャリア市場のレポートがありました。

The Indian Telecom Services Performance Indicators(PDF)

これを見ると、2013年7月の時点で、タタのシェアは7.23%で6位。
しかも成長率はマイナスと低迷していることが分かります。

インドのキャリア市場

Workbook1 2014-04-28 13-04-04 2014-04-28 13-04-06

docomoのこれまでの大型投資の歴史

NTTdocomoのこれまでの大型投資を振り返ってみると。。

2000年にオランダのKPNに4000億円投資し2005年売却
→2600億円損失

2000年にアメリカのAT&T Wirelessに1兆2000億円投資し2004年売却
→5000億円損失

2009年にインドのTataに2670億円投資し2014年に売却
→500億円損失

こうやって見てみると、投資が上手になってきているとも言えますねw

関連記事:

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。